Team SPIRITS HomePage
人生とは年輪と人は言う
そしてその年輪はパートナーと共に築くものであると僕たちは思う
Team SPIRITSは人、モノ、コトを大事にする人の集まりだと歳月が語っている

た行

 筍堀(たけのこほり・TAKENOKOHORI)名
カーナンバー18番グランブルーさん実家にて4月に行われるイベント。
噂によると筍はちゃんと毎年掘らないとすぐに育ってしまって大変な事態になるそうな。
お父様が職人技を披露してくれる。

 たむら亭の奥様(たむらていのおくさま・TAMURATEI’s MADAM)連
山中湖畔にあるParco di Cieloというイタリアンレストランのオーナー夫人
道を挟んで向かいにある「たむら亭」の姉妹店
Tel 0555-62-0603
ブラッディーは97年から毎年夏にここを訪れる。
なぜなら奥様が非常に品の良い美人で、ブラッディーの憧れだからである。
もちろんシェフの腕もよく、ランチは\2000くらいで非常においしい。
もともとギャラリーアバルトの山口館長から紹介されたのが最初で、当時は夏季だけの限定営業だった。
Spiritsとしては2001年6月の朝霧ツーリングが初の訪問。
その後は定期的に訪問している。

 タオル(たおる・TOWEL)名
タオルである。顔を拭くあのタオルである。「タオル」はツーリングの必須である。
「ぴっぽ」さんは炎天下でバルケッタをお乗りになる際には長い髪の毛をタオルで縛り上げる。一見「おっさん」である。
ツーリング途中で温泉によるのは必須事項となりつつある。そこでも「緊急車載タオル」が活躍する。タオルを持たずしてツーリングに来ることなかれ。
必携アイテムとして紹介しておく。

 タスク(たすく・ TUSK)固名
夜の部「夜会」の新しい開催場所。正式名称はビアザウルスTUSK。
TEL049-226-0078
名前のとおりビアザウルスJURAの姉妹店で3店舗目。
2002年7月25日に新装開店。オーナーも同じ。
川越駅東口を出て駅に背を向けて歩き、ジュラの先、ピザやさんの2Fにある。
カウンター13席&テーブルのシンプルな構成。川越唯一のショットバーで、一人でも楽しめる。
女性の一人客が多い(!)
店内の雰囲気は[大人のバー]という感じで、洞窟の雰囲気の中でグラスを傾けると気分がよい。
飲むだけであれば一人\2000くらい。
3階は貸し切りスペースとしてリニューアル予定。10名から貸切できる。

  これがエンブレム                           これが玄関    

 耐久( たいきゅう・ENDLESS)名
夜の部「夜会」は耐久に発展する場合もある。ル・マンではない。
2002年6月22日、新たな歴史の一頁が開かれた。
「yutaka-s」さん幹事によるココイチ&カラオケOFFで、前代未聞、男だけによるカラオケ10時間耐久が行われたのであった。
しかも最後まで残った8名は[閉店]のアナウンスの際にクレジット9曲を全て予約済み。当然のように歌いきって帰ったのであった。終了時間は朝の5時。雀が鳴いていた・・。

 ダメ人間(だめにんげん・ABNOMAL)名
カーナンバー4「ぴっぽ@青バル」さんがカラオケで歌う定番が「踊るダメ人間」(by筋肉少女隊)
別に「ぴっぽ」さんを誹謗中傷するわけではない。。。が、彼がこの歌を歌うと非常にはまるのである。しかも、聞いている人々みんなが原曲を聞いたことがない・・らしい。
そしてSPIRITSのイベントで「世間的に普通ではない」行動をとったりするとみんなからこういわれるのである。
「ダーメダメダメダメ人間、ダーメ人間、にんげーーん!」
決してうれしくない称号なのであった。
ちなみに最近は女性版ダメ人間、人呼んで「ダメおんな」なる言葉も出来たらしい・・・

 駄目(だめ・ MOST ABNOMAL)名
カーナンバー6「るしふぁ」さんに2003年5月のキャノンボールイベントで与えられたありがたくない称号。ちなみに[ダメ]の最上級!
このイベントに参加表明し、下見まで行っていた「るしふぁ」さんであったが、前日会社の飲み会で撃沈。集合時間の午前2時に来れず(電話してきたところはすごいが)。
ところがイベント半ばの12時になってもまだ家で寝ていたという駄目っぷり。
タイムコントロール地点6箇所を全て不通過で宿に姿を現したのが午後4時。イベントポイントはペナルティー減点でこの時点で0点。しかも一日「使いっ走り」をやらされる羽目に・・・。
[駄目]だけにはなりたくないと誰もが思うのであった。

 チャチャ(ちゃちゃ・CHACHA)固名
カーナンバー3番のハンドルネーム。
OFFレポートに必ず誤字脱字指摘や誤り訂正、通称チャチャ入れを一番に行うことから名づけられた。名付け親はブラッディー。本人も気に入っているとかいないとか???

 知恵の輪(ちえのわ・PUZZLE RING)固名
ヨロヨロさんが病気入院中のharryさんに持っていったお見舞いの品。
名前のとおり「知恵」で外すパズルリングのことである。
<ヨロヨロさんの供述>
harryさんは、はじめに持っていった知恵の輪を「力で」外しやがった。2回目に持っていったものは看護婦さんを捕まえて「ねえ、一緒にはずさな〜い」と軟派の道具に使った。
<harryさんの供述>
看護婦さんに「一緒にはずさな〜い」と言ってナースステーションまでつかつかと侵入していったのはてヨロヨロさんだ。
・・・・果たしてどちらの供述をあなたは信じますか?・・・・

 貯金箱(ちょきんばこ・ BANK)名
夜会の際にオヤジギャグを言った人に100円支払い義務が生じる。この100円を蓄えるための専用貯金箱がJURAにある。
店の貯金箱をそのまま使っていたのであるが、結局店に使われてしまうという危惧から、勝手に専用貯金箱を設置してしまった。
ちなみにJURA以外の店でこのペナルティーを食らった場合も、ちゃんと「ブラッディー」が携帯用貯金箱を持参しているので逃れることはできない。
最近は100円では飽き足らず、500円で6回言うことが出来るお得なコースも用意されているらしい。

 つなぎ(つなぎ・SUITS)名
我々はツーリングチームといっても[4輪]である。しかし中には気合を入れた2輪ライダーもいる。
カーナンバー24番「すえ」さんは2002年6月[麦草下見]の時にライダースーツ(通称つなぎ)で登場!
一同唖然とした。どうやら[形]から入るのが好きらしい。
ちなみに、彼の場合は30近くになるまでのバイク一筋で、MGは初めてのマイカーというから驚きである。
マスターの印象としては・・・・変なヤツ・・・・である。
みんなから愛されるキャラである。

 出たーー(でたーー・WOO)感嘆
別にお化けではない。
カーナンバー35番「まこと」さんは参加表明をギリギリまでしないことで有名である。
しかも[浜松]から[群馬、埼玉、東京]へ突如として出没する。まさに神出鬼没!
集合場所への到着時間は3時間、4時間早くくるのは当たり前!みんながぞろぞろ集まる前にニコニコしながらデジカメを構えて待っている。
メンバーからはいつの日かこう呼ばれるようになった。
[やっぱり出たーー!]
本人もそれを狙っているところがすごい・・・。

 トランシーバー(とらんしーばー・TRANCEVER)名
2001年12月の房総ツーリングからデビューした新兵器。
その後もナイト、ゲリラにて活躍。最大の活躍は2002年5月の伊豆であった。
天気が良ければかなり使えるが、15台ともなると先頭と最後尾の距離は一般道で200m、高速で700mにもなるため、省電力トランシーバーではかなりつらいが、少なくとも携帯電話とセットでかなり有効活用されている。
ハイテク武装とみんなは言うが、このトランシーバーの製造年は1993年、10年選手に近い。
我々が遅れているらしい。

 トラップ撃沈( とらっぷげきちん・DOWN ON THE TRAP)連
2003年5月のキャノンボールにてエージェントの放ったクイズのトラップにまんまとはまった「ぴっぽ@青バル」さんに与えられた称号。
バスの時刻表を読み取ってその日のバスの本数を答えるというクイズだったのであるが、その時刻表が複雑!
「毎日1本運行。ただし6月から10月まで。11月1日から5月26日までは土、日のみ運行。」
これを見て5月31日の土曜日に運行しているバスの本数を答えるって罠だと思わない?

 同伴( どうはん・WITH)動
Spiritsのイベントに異性を連れてゆくことを言う。
ちなみに血縁関係がないもののみが対象。従って血を分けた子供、親、祖父、曽祖父、祖先などは対象ではない。
イベントに同伴した場合、グランプリポイントに「同伴ポイント」が付与される。人数によって変動し、2名なら2ポイント、3名ならば3ポイントが付与されることになる。
ちなみに2006年ごろから同伴ポイントが「妻」「夫」などに限定される傾向になっている。

 都会派(とかいは・CITY BOY)連
東京都内であちこち練り歩くイベントのこと。
東京都内に通勤しているメンバーが発案して生まれた。通常埼玉で開催しているイベントが多いSpiritsであるが、たまには電車やバス、自転車で東京都内を回ろうと言う文明回帰に向けたイベント。
但しやっていることは人気TV番組「タモリ倶楽部」に近いという報告もある。
ちなみにアラフォーの野郎どもが大挙して練り歩いている姿はGメン75にしか見えないと言う噂も六本木あたりで囁かれているらしい・・・・。

 トンネル(とんねる・TONNEL)名
Spiritsのツーリングでは爆音を轟かす車が多いのは事実である。
中には自分の愛車の排気音を堪能したくて、トンネルでわざとシフトダウンする連中がいる。
先鞭を告げたのが会員番号16番「す5046」氏である。
はっきり言ってうるさいと不評であるが、この儀式をやめる人間は後を絶たない。

back

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー