Team SPIRITS HomePage
人生とは年輪と人は言う
そしてその年輪はパートナーと共に築くものであると僕たちは思う
Team SPIRITSは人、モノ、コトを大事にする人の集まりだと歳月が語っている

第481回Spiritsイベント

2016F1日本GP鈴鹿観戦OFF

2016106日〜9日:参加8名

毎年恒例となったF1GrandPrix鈴鹿観戦!
ここ数年のメルセデス王国にフェラーリとレッドブルが一矢報いることができるのか?
そして今年から始まった3種類のコンパウンドによるタイヤ選択の幅は、各チームにどのような戦略をもたらすのか?
土日の雨予報はどうなるのか?台風18号はは過ぎ去るのか?果たして今年の鈴鹿にはどんなドラマが待っているのか?
TV放映がスカパーに限定されてしまった今年、人気の低下がささやかれる中、鈴鹿にあいつらがまたやってきた!

<メンバーリスト>

レッド&マユマユ(6日より参加):チケット幹事
チャチャ(6日 夜より参加)
ルッソ(6日より参加)
きりん(7日夜より参加)
マッツァーノ(7日昼より参加)
たに(6日夜より参加):夜会幹事
ブラッディー(6日より参加):オフレポ幹事
たかおちゃん♪(夜会のみ参加)

観戦記本編

By ブラッディー
チャチャ#1 By レッド

チャチャ#2 By たに


秋の恒例 は鈴鹿F1!今年は久しぶりにレース日程が10月の3連休となった。おかげで有給休暇の取得が最小限で抑えられる!
今年のメンバーは8名。昨年V1指定席のグループシートを押さえて、「グランドスタンドで見る」の甘い味を知ってしまったメンバー6名は、今年もグループシートを確保。
しかし・・・「まゆまゆ」さんだけは同じV1でもフェラーリピット前を一人ピンポイントで確保!(笑)今年はフル参加の「レッド」さんと共に、今回は(笑)夫婦そろって6日(木)から鈴鹿入りすることとなった。
もちろん恒例の「じゃんじゃん焼夜会」も8日(土)に開催!その他の日ももちろん
ホテルたにでの夜会も決行!
台風18号が迫る日本列島! 果たして今年の鈴鹿の天候はどうか?
まあ、怒涛の4日間の模様をぜひ楽しんでいただこう!

10月6日(木)「ルッソ」&「ブラッディー」関東出発!

今年、木曜日から関東から車で向かうのは幹事の「ブラッディー」と「ルッソ」さん。
そして「レッド」さんと「まゆまゆ」さんは水曜日から新幹線で四日市に入り、もちろん木曜日のピットウォークを観戦。
水曜日に伊勢神宮をお参り、その後四日市の宿に戻り木曜の朝からピットウィークという贅沢プラン。
実はこの週の前半、日本には「非常に強い」という台風18号が接近。天気が危ぶまれたのだが、なんと月曜日に九州にいた台風が、火曜日には時速50km/h、水曜日に時速85km/hという超高速で日本を通過してくれたおかげで

晴れ!!まあ・・・・もはや驚かないのだが・・・・ということで「ブラッディー」は12時ごろに「にょろ吉」で「ルッソ」さん宅へ向かう。
ちなみに水曜日までの鈴鹿天気予報はF1開催中の金〜日曜まで雨マークあり。だったんですけど。。。確かにもう驚くべきことではないのかも(笑)
「ルッソ」さん宅を13時ごろ出発しようということだったのだが、なんと「ブラッディー」が「ルッソ」さん宅に到着したのが12時20分!おひおひ、早すぎるぞ〜!平日ってこんなに道が空いているんだな〜
慌てたのが「ルッソ」さん!「まだ準備終わってないよ〜」と慌てて準備を整える。その間「ブラッディー」は
自慢のオーディオでジャズを堪能させていただくことに
しっかし・・・古いオーディオを丹念にメンテナンスしているこの音は絶対に最新のオーディオでは再現できそうにないなあ。
余りの音の良さにうっとりと眠りにつきそうzzz・・・・いかんいかん!
ということでここで「ルッソ」さんの156に乗り換えていざ出発!
最初の運転は「ブラッディー」が担当!156V6をこんなに長時間運転するのは初めてだが、6速に入れていてもどこからでもどんどん加速してゆくトルクフルさはやっぱり大排気量NAの魅力だなあ。「ルッソ」さん、運転させていただいてありがとうございました

鈴鹿も天気に恵まれ暑い!
恒例のピットウオークに参加したレッド。
ウイリアムズのピット前ではタイヤ交換の練習が見れた。
目の前での作業は迫力満点!これは貴重な体験だ。

ピットウォーク後東ウォークに参加。運動嫌いのレッドが高低差の激しいコースを2Kmも歩くのは、コースを下見するドライバーに会えるから。(爆)

ベッテルはファンにもみくちゃ グロージャンに声をかけた手を振って答えてくれた 

小松さんと2ショット              オコンの足長っ!


さて、武蔵藤沢を13時に出発した156は、入間から圏央道に乗り、そのまま海老名JCTで東名へ。東名は集中工事中だったのだが、時間も時間なので渋滞は全くなし!気持ちよく大井松田からのワインディングも楽しんで、御殿場から新東名へ。
最初の休憩場所に選んだのは

駿河湾沼津S.A.天気が良くて気持ちいい〜!    「ルッソ」さんはここで遅い昼食!
ここで「たに」さんへのお土産もゲットして再び新東名を西へ向かう。ここで「ルッソ」さんにドライバーチェンジ
この頃「ブラッディー」のスマホにメールが!
「午後半休取れたのでこれから鈴鹿に向かいます。順調にいけば19時9分に白子駅到着予定」By「チャチャ」
おおっ!ならば我々がお出迎えすることにしよう!
「ルッソ」さんは駿河湾沼津から湾岸長島までを一気に走り切り、湾岸長島には17時半ごろ到着

この日の夕焼けは綺麗だった!もちろん明日も晴れだな〜!

鈴鹿のレッドは16時からのサイン会に参加。
とはいえサイン会の抽選は今年も落選。(爆)今年もスタンドからの観覧とあいなりました。
1回しか行ったことのないたにさんとチャチャさんはサイン会に当たっているのに・・・なせ?
サイン会は例年通りの盛り上がり。
どうして木曜日にこんな人数が集まるのか?
こんなの日本だけらしい。

司会者がボーとしてる間にサインを終えて帰ろうとするライコネン。
まだインタビュー済んでないのに。
会場から大きな悲鳴が(爆)
あわてて係員が呼び戻しインタビューも
「みんな楽しんでるね、俺も目一杯頑張るからそれじゃ!」
と一言言って去って行きました(笑)


湾岸長島で小休止した2人は、再び「ブラッディー」にドライバーチェンジして白子を目指す。みえ川越インターで伊勢湾岸道を下り、国道23号線を西進するのだが、四日市ではお約束の渋滞発生中!まあ、渋滞は予測していたので鈴鹿市内には予定通り19時前に到着。白子駅近くで給油を済ませたところ、なんと「ルッソ」号はリッター11.5以上を記録!高速道路料金が割引なしの9000円だったのだが、結局二人で13000円程度しかかからなかった!燃費いいなあ、156V6!

ということで白子駅には19時ジャストに到着!   そこに「チャチャ」さんが到着!
なんて時間効率いい動きだ!
ちなみにこれまでの間に「たに」さんに連絡したところ、この日は仕事だったので帰宅時間が19時半ぐらいになるとのこと。
ならば食事もしていないだろうということで
例によってF1マートで買い出し!

ありがとうございます♪
いえいえ、どういたしまして!
ビール500mlを24本と寿司や揚げ物を購入!みんなで今日は家飲みにすることとした!
そして19時半過ぎに「たに」さん宅到着!
まずはご挨拶・・・とその時に「たに」さんが一言!「家の中に入って何か感じたことない?」
「ん?」・・・・
で・・でかい!
なんとTVが60インチになってた!これはすごい!じゃあ今年はこれでF1のレビューが出来るんだ〜〜!
・・・・と思いきや・・・・
「ケーブルTVのフジテレビNEXT契約してない」
・・・・さすが「たに」さん、やるなあ(笑)・・・・
来年までに契約をよろしくお願いします(爆)
ぜひおねがいします!!
ストレス解消にものばかり購入して他がないがしろに(汗

買ってきた食材とビールの準備も万端!ちなみに今回「たに」さんがスーパードライを1ケース準備してくれていたので、ビールの量は十分!
まずはスーパードライでかんぱ〜〜い!
今年もよろしくお願いします〜
ちなみに「たに」さんはその後ビールがあまり飲めなくなってしまったそうで、この日も飲んだのは350ml1本のみ!すみません、居候がたくさん飲みまして・・・汗
さて、ひと段落したこと路で儀式

チケットのロシアンルーレット!グループ席6枚のうち「レッド」さんの1枚を除く5枚をくじ引きして決定!
その結果、今回の並びは「たに」「チャチャ」「レッド」「きりん♂」「ブラッディー」「ルッソ」となった

さらに儀式は続き

続いては「チャチャ」さんの156GTAゲット記念、「西念地洋」さん作成チョロQの進呈式!
いつもながらこれには一同出来栄えに感動!

さて、この日の話題は「たに」さんの1年間のゲットしたものの数々で盛り上がった!
先ほどの60インチTVの他に、昨年から凝り始めたWEBカメラがさらに2基追加されていたりしたのだが、最大の驚きは

ドゥカティスクランブルとセロー!どちらも新車!1年間でバイク2台買う人初めて見た!
ちなみに昨年まで活躍していたクロスカブも会社に置いてあるらしい!1人で車2台、バイク3台、チャリ4台を所有している・・・(笑)
でもドゥカティは一目ぼれして購入したという熱の入れようで、納車されてからまだ1ヶ月経ってない!すごい購買欲!
さすが独身貴族!超羨ましい
ちょっと買いすぎました(笑)
バイク談義やクルマ談義が進む中
21時頃に「レッド」さんからTV電話が!
なんでも奥さんとは別の部屋に宿泊していて寂しいらしい(笑)
テレビを見るしかやることがない
2人の行動パターンが違うのであえて別の部屋にしたんだそうな。
気楽でいいんだけどね
この寂しさから、「レッド」さんの翌日からの行動予定が大幅に変わることに!
宴たけなわの中、もちろんこの人は撃沈zzz
さすがに時刻が1時半を回ると寝ようということになり、おとなしく(寝るといびきツインスパークがおとなしくないのだが)就寝したのであった。
レッドは静かな部屋で快適睡眠(爆)
この日の成果(爆)

10月7日():AM7:30:起床〜サーキットへ出発
実は「たに」さんはこの日の朝には仕事があったのだ!そこで全員7時ごろに起床して、「たに」さんはドゥカティで会社へ!その間に残る3名はコメダコーヒーで朝食をとることとする。
もちろんこの日の天気は晴れ!青空がまぶしいなあ〜!
「ルッソ」号でコメダ―コーヒーに向かった3人。

例によってモーニングを頼んだのだが、コメダコーヒーのメニューが若干変わり、ビッグカップと言うのが登場!モーニングも3種類から選べるようになったのだ!これで500円ならいいよねえ
「たに」さんが職場から戻るのが9時と言うことで、コメダ組は8時45分にはホテルたにに戻ることに。
そして9時ジャストに「たに」さんが帰宅!ここからいよいよサーキットへ向かう
フリー走行開始は10時。既に「レッド」さんはサーキット入りしているとのこと。フリー走行観戦場所はS字のDスタンド。間に合うのか?
レッドは6時半に四日市のホテルを出発。
白子からサーキット直通バスに乗り、7時40分にゲート前到着。
8時ゲートオープン。
迷わずDS字側の一番見晴らしの良い場所を確保。

しかし周りはガラーン(爆)
ヘアピンと1コーナー、最終コーナースタンド上段はすぐに埋まるが、ここは全く空いていた。
もう1時間遅く来ても良かった(笑)


今年もユーティリティ性能抜群のこのマシンが登場!今日は4名乗車なので余裕余裕!
いつも金曜日はサーキット近くの駐車場をどこにするのか迷うのだが、今回は前から目をつけていたバイパス沿いの駐車場がこの時間から開いていた!
サーキットゲートまで10分で帰宅方面へ左折で出られる駐車場!
しかも3日間駐車して7000円で、さらに駐車位置も指定なので毎日空場所を探す必要もなし!
運営している人もいい人たちだし、止めた場所も出口の直近!こんなに最高な条件はそうないぞ〜

さて、「レッド」さんの待つDスタンドへ急がねば!

と言いながらいつもの魚長で足が止まって、全員が穴子の巻き寿司購入!これでランチをゲット!
でも昨年まで販売していた穴子天丼がなくなってしまったのはさびしかった。この話は後に続く

Dスタンドに急がねば・・・と言いながら青空に感動して撮影したり、公式ガイドブックを買ったり、牛串に嵌まる人もいたり(爆)
(爆)想定済みです
マクラーレン歴代優勝車のタオルマフラーに反応したり(爆)
結局Dスタンドに到着したのは10:05!ちょっとだけ間に合わないのがこの人たちの特徴(爆)
いや少し早かったか
ちなみにこの日「たに」さんがタオルマフラーを購入したのだが、これは出来がいいということで結局「レッド」さん、「ブラッディー」「たかおちゃん♪」も購入してしまった。
ということで寂しく待つ「レッド」さんを発見!
ちなみに「レッド」さんは事前に[DスタンドのCスタンドよりの端っこ」と前もって知らせていてくれたので、「ブラッディー」はすたすたとここに来たのだが、なぜか他の3人はついてきていなかった(汗)

レッドさん探さなきゃ!と思い込んでいたのでブラさんと違うところを探すべきだろう!っと。。。私は正反対のカメラマン専用席の方まで。。。

しばらくたってようやく合流!
席の番号まで教えておいたのに、なぜかみんな逆バンク側に行ってしまったそうな。なんで?
なにはともあれ無事全員合流出来てよかった。

この時点でF1マシンは最初のインスピレーションラップをすでに終えていた。

AM10:00:フリー走行1回目観戦

さて、このスタンドを選んだ「レッド」さんの目的はもちろん撮影!なんと言ってもフェンスに邪魔されることなく撮影できるのと、オーロラビジョンもバッチリ見えるのだ!
車の正面が見れて、それでいて近い。ヘアピンより速度が速いので迫力がある。そんなポイントです。
「ブラッディー」も初めて購入したオリンパスOM-Dのミラーレス1眼を持ち込んだので、今回はまず撮影に精を出す!
最初は

こんな感じでダメダメだったのだが、そのうちちょっとはうまく撮れるようになったので、バチバチシャッターを押す!
ちなみに「ブラッディー」の撮影の仕方は、置きピンで合わせてオート撮影!しかもファインダーじゃなくて液晶見ながら(爆)
ではちょっと「ブラッディー」の成果をお見せしましょう。トリミングは面倒くさいのでナシ!(爆)

メルセデスAMG

44:ルイス・ハミルトン         6:ニコ・ロズベルグ

フェラーリ

5:セバスチャン・ベッテル       7:キミ・ライコネン

ウィリアムズ

19:フェリペ・マッサ          77:バルテリ・ボッタス

レッドブル

3:ダニエル・リカルド         33:マックス・フェルスタッペン

フォースインディア

27:ニコ・ヒュルケンベルグ       11:セルジオ・ペレス

ルノー

20:ケビン・マグヌッセン          30:ジュリオン・パーマー

トロロッソ

26:ダニエル・クビアト     55:カルロス・サインツ

ザウバー

9:マーカス・エリクソン        12:フェリペ・ナッセ

マクラーレン

14:フェルナンド・アロンソ       22:ジェンソン・バトン

マノー

94:パスカル・ウェーレイン       31:エステバン・オコン

ハース

8:ロマン・グロージャン        21:エステバン・グティエレス


んで、1枚だけトリミングしてみたのだが、これだけ撮れれば充分では?やっぱりカメラの性能は偉大だ!
これを見た「レッド」さん・・・カメラ買い換えようかな〜(笑)
最近重たいカメラを振り回したり、持ち歩く体力がないのよね〜。

こちらはペレスが終盤に試していた新しい安全デバイス「Halo」
ドライバーからは賛否両論らしいが、走っている姿を見る限りは外からはあまり気ににならない感じ


さて、ちゃんとFP1の話に戻そう!
実は翌日の予報が雨と言うこともあって、決勝を見越したセッティングを早く決めてしまおうという各チームの思惑がかなり見て取れた。
フェラーリとメルセデスは早い段階からソフトタイヤを投入してロングランを実施。逆にレッドブルはハードタイヤでのロングランに重点を置いていたように見えた。
ウィリアムズ以外はあまりミディアムタイヤを試していない状態。というのもロングランのタイムがあまりハードタイヤと変わらないので、ライフ的にもタイム的にもあまり美味しいところがない。今回はレースでミディアムを使うところはあまりなさそう。

タイム的に言うとやはりメルセデスにはかなわない。1チームだけ飛びぬけた感はいつもと変わらない。しかしフェラーリがなかなかのタイムで追随していたので、これは期待が持てるか?
レッドブルはメルセデス。フェラーリに若干おいてゆかれている感じで、タイムとしても1秒遅れ。
中団ではフォースインディアの好調さが目立ち、S字のハンドリングもバッチリ決まっている。
期待されたマクラーレンだが、アロンソがコースアウトしたりしてハンドリングに四苦八苦!1チームだけちょっと甲高いエキゾーストが特徴だったのだが、音の割に速さなし
ハースは前戦で発生したブレーキトラブルを引きずっているらしく、止まれずにコースアウトを繰り返していた。

昨年に比べてよくなったのはマシンの音!昨年は空気を吸う音しか聞こえないくらい静かだったF1マシンの音が、ようやく少し迫力を増してきた!でも、やっぱりNAエンジンの音がいいなあ〜


FP1の結果はご覧の通り

1位 No.6 N.ロズベルグ Mercedes 1'32.431(24Laps)
2位 No.44 L.ハミルトン Mercedes 1'32.646(21Laps)
3位 No.5 S.ベッテル Ferrari 1'33.525(19Laps)
4位 No.7 K.ライコネン Ferrari 1'33.817(17Laps)
5位 No.3 D.リカルド Red Bull Racing 1'34.112(23Laps)
6位 No.33 M.フェルスタッペン Red Bull Racing 1'34.379(26Laps)
7位 No.27 N.ヒュルケンベルグ Force India 1'34.530(28Laps)
8位 No.11 S.ペレス Force India 1'34.767(30Laps)
9位 No.14 F.アロンソ McLaren 1'35.003(10Laps)
10位 No.77 V.ボッタス Williams 1'35.381(31Laps)
11位 No.26 D.クビアト Toro Rosso 1'35.446(23Laps)
12位 No.55 C.サインツJr. Toro Rosso 1'35.672(27Laps)
13位 No.22 J.バトン McLaren 1'35.677(24Laps)
14位 No.8 R.グロージャン Haas 1'35.688(17Laps)
15位 No.12 F.ナッセ Sauber 1'35.967(15Laps)
16位 No.19 F.マッサ Williams 1'36.169(23Laps)
17位 No.21 E.グティエレス Haas 1'36.219(21Laps)
18位 No.9 M.エリクソン Sauber 1'36.294(19Laps)
19位 No.20 K.マグヌッセン Renault 1'36.822(30Laps)
20位 No.31 E.オコン Manor 1'37.797(29Laps)
21位 No.94 P.ウェーレイン Manor 1'37.966(24Laps)
22位 No.30 J.パーマー Renault 1'37.992(13Laps)



タイム的にはまだまだ。32秒台がトップではまだ何とも言えない感じ。既にチームごとにタイムが分かれるというマシンの性能差が如実に表れ始めたFP1であった。

さて、FP1が終わったら
先ほど購入した穴子太巻きでランチ!
ところが・・・なんとこの人は
既に食べ終わっていて昼寝zzz
この時点で牛串と穴子太巻きとをすでに完食!考えてみれば朝食たべてなかったんだな〜
前日はビール1本しか飲まずに早目に撃沈した「たに」さんだったが、それだけで二日酔い気味だったらしい。
ストレスからか今年急にアルコールがダメになってます(汗)
つられてこの人も撃沈(爆)
さて、コース上ではこの後ポルシェカップの最終戦フリー走行を行っていた。
F1の後だから写真撮りやすい撮りやすい(笑)
ちなみにこのクルマ・・・ゼッケン77は浜崎大さん

なんと「たかおちゃん」♪の知り合いなんだそうな!だから・・・リアウィングに「毒」のシールがある(爆)

次にコース上で行われるのがウェディングパレード!こちらも毎年の恒例行事!
幸せの黄色いNSXでパレードするのだ!
独身のメンバーの皆さん、これを実現してください(笑)
さて、「たに」さんも目覚めたのでそろそろ移動するとするか!

PM14:00:フリー走行2回目スタート
フリー走行2回目の観戦場所として選んだのは同じくDスタンドの逆バンク前
ここは
カメラマン席が用意されていることもあって撮影ポイントとしては最適

こんな感じでコーナーの入り口から出口までずっと見渡せるし、フェンスに邪魔されない!この席もいいなあ
さて、Dスタンドに到着してから

やっぱり食べに走る「たに」さん!今回は何にするのかな?と思いきや・・・なんとかき氷!冷えちゃうぞ〜

さて、14時になるとFP2スタート!実は最初にキープした席がカメラマン専用席だったことに後で気づき、急きょセッション前に移動

やはり撮影のペスポジはカメラマンシートになっているのね。納得

それでも

こんな写真が撮れる絶好の位置を確保

ここはしかも譲るポイントでもあるので、ちょっとしたバトルのようなものも見られる!
目線の高さでマシーンを観れるのが良いです。
鈴鹿の街をバックに走るマシーンがかっこいい!

このセッションでは各車ミディアムタイヤも試していたのだが、積極的に使っていたのはレッドブルとウィリアムズくらい。
フェラーリとメルセデスはハードだけではなくソフトタイヤでもロングランを確認!この2チーム、どんだけソフトタイヤ持っているんだか・・・
やはり挙動が良かったのはフォースインディア!安定したラップタイムでこれはかなり期待できる。
下位チームながらルノーの挙動が安定していたのもなかなかのもの。
この逆バンクでは各ドライバーのライン取りが全く違うので、ドライバーの腕の差も見ることができる。やはりハミルトンのドライブセンスは抜群!

ではまたまた「ブラッディー」の成果をお見せしましょう。トリミングは面倒くさいのでまたしてもナシ!(爆)
でも、ちょっと慣れてきたせいかなかなかうまく撮影できていると思うのだが・・・
しっかし・・・画像選ぶの大変だわ(笑)
でしょ

メルセデスAMG

44:ルイス・ハミルトン         6:ニコ・ロズベルグ

フェラーリ

5:セバスチャン・ベッテル       7:キミ・ライコネン

ウィリアムズ

19:フェリペ・マッサ          77:バルテリ・ボッタス

レッドブル

3:ダニエル・リカルド         33:マックス・フェルスタッペン

フォースインディア

27:ニコ・ヒュルケンベルグ       11:セルジオ・ペレス

ルノー

20:ケビン・マグヌッセン          30:ジュリオン・パーマー

トロロッソ

26:ダニエル・クビアト     55:カルロス・サインツ

ザウバー

9:マーカス・エリクソン        12:フェリペ・ナッセ

マクラーレン

14:フェルナンド・アロンソ       22:ジェンソン・バトン

マノー

94:パスカル・ウェーレイン       31:エステバン・オコン

ハース

8:ロマン・グロージャン        21:エステバン・グティエレス


このセッションではアロンソがスプーンでコースアウト、グティエレスもブレーキトラブルになるなど途中でバーチャルセイフティーカーが出るシーンもあったが、大きな事故もなく終了
やはりミディアムタイヤはこのコースに関しては美味しいところもなく、どうやら各車はソフトタイヤとハードタイヤを決勝で使い分けることになるだろうと予想下のであった。

ということでFP2結果

1位 No.6 N.ロズベルグ Mercedes 1'32.250(35Laps)
2位 No.44 L.ハミルトン Mercedes 1'32.322(35Laps)
3位 No.7 K.ライコネン Ferrari 1'32.573(26Laps)
4位 No.33 M.フェルスタッペン Red Bull Racing 1'33.061(29Laps)
5位 No.5 S.ベッテル Ferrari 1'33.103(34Laps)
6位 No.11 S.ペレス Force India 1'33.570(37Laps)
7位 No.27 N.ヒュルケンベルグ Force India 1'33.873(35Laps)
8位 No.14 F.アロンソ McLaren 1'33.985(37Laps)
9位 No.77 V.ボッタス Williams 1'34.028(33Laps)
10位 No.55 C.サインツJr. Toro Rosso 1'34.086(33Laps)
11位 No.19 F.マッサ Williams 1'34.127(33Laps)
12位 No.3 D.リカルド Red Bull Racing 1'34.150(29Laps)
13位 No.8 R.グロージャン Haas 1'34.241(33Laps)
14位 No.26 D.クビアト Toro Rosso 1'34.305(27Laps)
15位 No.20 K.マグヌッセン Renault 1'34.339(36Laps)
16位 No.22 J.バトン McLaren 1'34.398(29Laps)
17位 No.21 E.グティエレス Haas 1'34.643(11Laps)
18位 No.30 J.パーマー Renault 1'34.760(40Laps)
19位 No.12 F.ナッセ Sauber 1'34.824(26Laps)
20位 No.94 P.ウェーレイン Manor 1'35.292(30Laps)
21位 No.31 E.オコン Manor 1'35.400(37Laps)
22位 No.9 M.エリクソン Sauber 1'36.318(26Laps)


やはり 順調にメルセデス勢が上位に来たが、フェラーリのライコネンが0.2秒まで迫った!これは期待できる結果かも!
フォースインディアの好調さは継続。トップ3に続く4番手は安泰と見える。
マクラーレンのアロンソが8番手に食い込んできたがトップとの差は1.7秒。
不気味なのはルノーが好調だということ。34秒3に3台も入ってきている中団争いは熾烈!
マノーとザウバーが最後尾を占めるであろうことはもはや確定的

さて、セッション終了直後に
「まゆまゆ」さんが合流!
ここで「レッド」さん夫妻は先に四日市に帰ることとなる。この日はトンテキを食べるんだとか
但し・・・トンテキを二人で食べた後は別行動!「レッド」さんは再び「たに」さん宅まで戻って夜会に参加するという!何たる行動力!
残る4名は西コースで撮影をしていた「マッツァーノ」さんと合流すべくグランドスタンド裏に移動

休憩所を根城にお土産を買いに走る!しかし・・・やっぱりこの人は食べていた(爆)
おかしい。。これではサーキットにわざわざ食べに来た人みたいだ(笑)(笑)
「ブラッディー」はicosショップに行ってフェラーリのicosキャップを手に入れようとしたのだが、客1人に5分以上かけて販売している段取りの悪さに唖然・・・15分並んで2人しか買えないという状況にあっさり諦める。だって並ぶの嫌いだもん。

皆がお土産を買い終えたところに「マッツァーノ」さんが到着!なんとこの日のコスチュームは1991年のジョーダンフォード!
しかも背中には「ガショー」の文字!この人の家にはどんだけレアものが眠っているんだろうか(爆)
「マッツァーノ」さんは友人と待ち合わせしているということでここでお別れ。残る4名はグランプリスクエアを見学しながら帰途に就く

まずはグランドスタンド裏のフェラーリマシン展示から

ラ・フェラーリ!                F14T

F2001                     F310B

鈴鹿初代ウィナーのF187はなんと2台!組み上がっている方の1台は翌日デモランを行うのだ!

と・・・歩いている我々の目の前に人だかりが!
なんとイヴァン・カペリがいた!おっさんになったのう(笑)

さて、夕食をどうしようか?ということになったのだが、「ルッソ」さんがまだ食べたことのない「鳥焼はどう?」という話になる。お店の開店が17時なので、ちょうどいいかもしれない。よってホテルたにに戻らずに食べてしまうことにする。
途中でなんと走行しているマクラーレンに遭遇しつつ、
駐車場に戻ってすかさず出発!それにしても金曜日とはいえなんだか人が少ない・・・駐車場まで歩く時にも周囲にほとんど人がいない状態。大丈夫か?鈴鹿F1!

PM17:00: 鳥焼の店「ふじがおか」で夕食〜夜会突入

鳥焼のお店「ふじがおか」に向かう途中でコンビニに立ち寄り!
実は「たに」さん、早速の爆買いにより午前中の時点で散財してしまってお金を持ち合わせていなかったのだ(笑)
朝、職場で下そうと思っていたのだが忘れていたらしい。

ということで無事に「ふじがおか」到着!17時開店だというのに既にお客さんが3組もいた!
もちろん注文は「たに」さんにお任せ

今回は並を3人前、若を4人前、レバーを2人前、そして野菜を発注!
ご飯はもちろん「たに」さんだけが大盛り!(笑)でも、やっぱり大盛りにすればよかったとは3人の弁

タレが濃いので大盛りじゃないと肉の量に負けるんです


野菜から焼き始めるが・・・肉を焼き始めるともう止まらない!
あっという間に1時間立たずにぺろりと完食!もちろんお腹いっぱい!なんとこれで会計は4400円(爆)
まあ、ビールを飲むこともなかったせいもあるのだが、この価格の安さにはいつも驚かされる。
初体験の「ルッソ」さんも大満足!
ということでホテルたにへ戻っていよいよ夜会となる
レッド達は近鉄四日市駅前の「一楽」でトンテキ。
四日市に来たら必ず食いたくな旨さなのだ。

帰ってからまず確認したのが天気予報!予報では土曜日〜日曜日午前中が雨!ところが・・・
ん?土曜日に曇りマークが!
なんと金曜日夜から土曜日朝が雨、土曜日夜から日曜日朝が雨、そして・・・昼間は雨は降らない?
確かにこの日の天気もずっと曇りだったが、結局気温も低くて非常に快適だった!ついに天気コントロールもここまで来たんだな。
このメカニズムが解明できればノーベル賞も取れると豪語する「ブラッディー」
ということでかんぱーい!
ここに「たに」さんがいないのは、やはり二日酔いから?の体調不全!無理してはいけないので休んでもらうこととしたのだ。

毎度のことながら季節の変わり目なこの時期、体調不全が続いてしまってすみません。いえいえ、
F1観戦メインなんで昼間万全で行きましょ!
反対に元気いっぱいでここに登場したのは

「レッド」さん!なんと四日市から電車とタクシーを乗り継ぎ、2000円も使って到着!
バスで来るつもりだったのだが、白子駅でバスがなかなか来なかったからタクシー使っちゃったらしい
「この楽しさは金で買う」とは「レッド」さんの弁!
夜会の楽しさ、プライスレス!
さて、この日もう一人到着予定の人がいた!それは午後半休で新幹線を使ってやってくる(はず)の「きりん♂」さん。
しかし一向に連絡がない。参加表明では20時に到着予定となっていたのだが・・・(昨年も似たようなことあったような)
そこで「レッド」さんが「きりん♂」さんに連絡。何時に来るの?
すると「津に来ちゃいました!」という返事。行き過ぎてるやん!
なんでも名古屋からJRと伊勢鉄道を乗り継いでこなければならないところを近鉄に乗ってしまったらしい(笑)
スマホのアプリ使いこなそうよ!とは全員の弁(笑)

ということで「きりん♂」さん、無事に20:45到着!「たに」さんもこのワイワイガヤガヤに目覚めて登場!
早速「レッド」さんから納車祝いをプレゼントされる。
ちなみにこのお祝い、このまま翌日のパジャマとして活用された(笑)
さて、これで全員集合と思いきや、もう一人鈴鹿を目指している人がいた!途中渋滞で引っかかってしまったらしいのだが、21時半位到着したのは
なんと「たかおちゃん♪」!
夜会だけでも参加したいということで、仕事が終わってからかけつけてくれたのだ!
ちなみに「たに」さんは「きりん♂」さんを出迎えてから再びお休みモード。実は「たかおちゃん♪」が来たことを彼は朝まで知らなかった(笑)
ごめんなさい
さて、「レッド」さんは玉垣駅発21:58の列車で四日市に帰らなければならないので、みんなでお見送りに行くこととする、なんだか慌ただしいぞ〜(笑)
でも、玉垣駅についてみると列車は4分ほど遅れているという
「レッド」さんは「いつまでも遅れてくれていいよ」だそうな(笑)
楽しい時間がそれだけ続くということよ
お見送りありがとう! 


ということで4分遅れの終電で「レッド」さんが帰宅の途に!もちろんホテルに到着してからもTV電話で2元夜会(笑)
さて、宴会の続く「ホテルたに」では結局0時前まで「たかおちゃん♪」交えての大騒ぎ!もちろん「たかおちゃん♪」は車なのでノンアルコールなのだが、まあ盛り上がる盛り上がる!
ちなみに「たに」さんの購入したマクラーレンタオルマフラーは「レッド」さんも「たかおちゃん♪」もツボにはまったらしく、「ブラッディー」に「ゲットせよ」指令が!結局翌日「ブラッディー」は「レッド」さんに2005年バージョン、「たかおちゃん♪」と「ブラッディー」用に1993年バージョンを手に入れることに・・・考えてみれば「レッド」さん、自分で買えばいいのに(笑)

「たかおちゃん♪」は結局日付変更線まで滞在して滋賀に戻って行った!帰宅後に飲めなかった悔しさなのかビールをぷしゅ〜としているというメールが来たので再びTV電話で2元夜会!
結局2時過ぎまで夜会は続いたのであった(笑)
2日間の成果(笑)

10月9日():9:00起床〜 朝食兼昼食〜サーキットへ
今年から土曜日のタイムスケジュールが若干変わり、FP3開始が12時からになったので、この日の動きも遅め・・・というか二日酔い(爆)そりゃそうだよね、2時過ぎまで飲んでいたんだから
ちなみに夜の間に雨が降った!
路面はこの時点でウェットだが、もちろんこの後は降らない!と勝手に決めて傘を持たずに出発(爆)
さて、出撃!
ところが、出発直後に「たに」さんが忘れ物(笑)レインギアを忘れたとのこと・・・いらんってば(爆)
でも、このUターンのお蔭で、なんと「れっど」さんと「まゆまゆ」さんが乗ったバスとすれ違った!
こちらから発見した手を振ったのだが、二人は気づかない(笑)こんなレア車におっさん5人で乗っているなんて日本全国探してもここしかないはずなのに(爆)

いやいや、そこにいるなんて思わないもの、外なんか見てないですよ。
それにしてもびっくり。(笑)

11時までにコメダコーヒーに行けばモーニングが食べられる!ということでまずはコメダコーヒーを目指す

で、到着したのは10:55!ギリギリやん!     そしてモーニングのみならず全員が1品追加するという食欲
でも、時間的にランチだもんなあ。ここで食っておけばサーキット内での高いランチを食べなくて済むという魂胆
さて、腹ごしらえが済んだところでいよいよサーキットへ。既に「レッド」さんはスタンドで待っている。
が・・・そのまえに
頼まれていたマクラーレンタオルを買わなきゃ!
このタオルをゲットするために3分ほどロス!そのおかげでスタンドに到着したのは12:05!また5分遅刻か(爆)
今日はV1指定席で観戦!

我々の席からの眺望はこんな感じ

目の前はルノーのピットとトロロッソのピットが見える位置。
よってルノーのマグヌッセンファンがデンマークの旗を持って応援していた。
そういえば「まゆまゆ」さんははるか先の1コーナー側に陣取り、目の前がフェラーリピット。しかも3番グリッドの真ん前なので、ライコネンが3番手になってくれれば目の前からスタートするのだという。ちなみにベッテルが前のレースであるマレーシアGPのラフプレイで3グリッド降格ペナルティが決まっているので、ライコネンが3番グリッドになる確率はかなり高い!なんたる計算の高さ!
完璧な席を確保!!
さて、FP3は時間通り始まったのだが、コースコンディションがまだところどころウェットなので各車様子見。ハミルトンはインターミディエイトで一度出て行ったのだが、すぐに戻ってくる。
積極的に走り始めたのが12:30過ぎ。路面温度の関係で前日と打って変わってミディアムタイヤを履くマシンが多いのだが、実質は完全なドライと言ってもいい。

ちなみに土曜日以降は自分の席でしか観戦できないので、ある意味金曜日の自由席扱いは貴重なのだ!
なぜなら、ホームストレートでは写真を撮ろうと思っても
トリミングしてもこのくらいが限界
うまく撮れてもフェンスが被る
一番うまく行ったのでこれかなあ〜
流し撮りに興じるブラさんを流し撮り! 
ちなみに「レッド」さんはこの日一眼レフを持参しなかったので、「ブラッディー」のニューマシンで撮影してもらって、お手本を見せてもらったのでこれくらいは撮れたのだが、シャッター速度とかのアドバイスがなければ全部失敗するところだった(汗)

FP3の最後になると各車とも予選シミュレーションのタイムアタックに入る。やはりダントツなのはメルセデスのロズベルグ。余裕綽々で31秒台に入れてくる。しかし、今回ハミルトンがどうしてもロズベルグに追いつけない感じ。いつものような圧倒的な速さはなく、フェラーリとレッドブルの後塵を拝する7番手タイム。デグナーで飛び出してしまうなど精彩がない。
逆にフェラーリはかなり好調で、メルセデスとの差が0.5秒以内に納まっていてソフトタイヤとは相性が良さそう。特にベッテルよりもライコネンのほうが乗れている。
レッドブルも好調なように見えるのだが、トップタイムこそ良いように見えるが、ロングランで安定していないように見えたのは気のせいか?
相変わらずレッドブルがソフトタイヤとの相性があまり良くないようでタイムが伸び悩む。
中団ではやはりフォースインディアがやはり好調に見えたが、ルノーが8位、9位に入ってきたのは驚き!しかも全くの同タイム!字での挙動が良かったのはやはり本当だった!


FP3
の結果はこちら

1位 No.6 N.ロズベルグ Mercedes 1'32.092(14Laps)
2位 No.3 D.リカルド Red Bull Racing 1'32.394(10Laps)
3位 No.5 S.ベッテル Ferrari 1'32.731(13Laps)
4位 No.33 M.フェルスタッペン Red Bull Racing 1'32.784(9Laps)
5位 No.7 K.ライコネン Ferrari 1'33.011(12Laps)
6位 No.19 F.マッサ Williams 1'33.271(13Laps)
7位 No.44 L.ハミルトン Mercedes 1'33.284(12Laps)
8位 No.30 J.パーマー Renault 1'33.639(13Laps)
9位 No.20 K.マグヌッセン Renault 1'33.639(10Laps)
10位 No.27 N.ヒュルケンベルグ Force India 1'33.646(11Laps)
11位 No.14 F.アロンソ McLaren 1'33.714(12Laps)
12位 No.21 E.グティエレス Haas 1'33.787(16Laps)
13位 No.77 V.ボッタス Williams 1'33.865(9Laps)
14位 No.11 S.ペレス Force India 1'33.921(11Laps)
15位 No.26 D.クビアト Toro Rosso 1'34.037(12Laps)
16位 No.8 R.グロージャン Haas 1'34.272(13Laps)
17位 No.12 F.ナッセ Sauber 1'34.388(12Laps)
18位 No.9 M.エリクソン Sauber 1'34.544(13Laps)
19位 No.22 J.バトン McLaren 1'34.548(11Laps)
20位 No.31 E.オコン Manor 1'35.230(13Laps)
21位 No.94 P.ウェーレイン Manor 1'37.256(10Laps)
22位 No.55 C.サインツJr. Toro Rosso 1'56.323(3Laps)


このタイムから予選を占うと、間違いなくQ1では33秒5を切らないと突破できないだろう。
Q2では31秒台が求められるのは必須。そしてポールタイムは30秒台に入ってくるかもしれない。

さて、FP3が終了したら まずは例の黄色いNSXが登場!
続いてはお待ちかねのレジェンドF1のデモラン!
しかし、今年のデモランはマクラーレンMP4/5とフェラーリF187のみ!寂しい限り
マクラーレンには現役のマクラーレンテストドライバー、バンドーンが乗り、フェラーリF187には中嶋一樹が乗る

う〜〜ん・・・・撮影は失敗だな
MP/5のサイドポンツーンの低いこと。マシーン全体のフォルムが超平べったい。如何にもゴードンマレーの流れをくむ車という感じ。この頃のマシーンはデザイナーの顔が見えたよね〜。
フェラーリを駆る一貴、頭がロールバーからはみ出してますけど(爆)

さて、デモラン終了後は15時の予選開始まで2時間くらい時間が空いてしまうので、各自自由時間
その間に「ブラッディー」は・・・・スタンドで昼寝zzz
でも昼寝していても気持ちいいくらいの気温なので、いつものように炎天下での熱中症を心配する必要はなし!もちろん雨は降らない(笑)
奇跡的な快適な天気

PM15:00:予選スタート

さて、今年の予選も15時から開始!1時間は寝ていた「ブラッディー」も14時半ごろ行動開始

目覚めたら「まゆまゆ」さんが遊びに来てた!  そして明るくなってきた!
やっぱり・・・というか当たり前のようにドライで行われることになった予選!こりゃ楽しみ

最も人気のある1コーナースタンドとシケインスタンドでも空席が目立つのは気のせいか?
今年からフジテレビがF1中継をスカパーだけに絞ったこともあり、メルセデスが独走しているという結果もあり、間違いなくF1人気は低下している感じ。
結局予選でもスタンドが埋まらないこの状況は翌日の決勝でも変わらなかった。

この間、ピットではルノーのスタッフが観客席に向かって盛り上げようと万歳!笑

さて、いよいよ始まった予選Q1!メルセデスとレッドブルはミディアムタイヤでアタックしてソフトを温存する作戦。
それに比べてフェラーリは最初からソフトタイヤでアタック!やはりミディアムとの相性は良くないらしい。
上位3チームが早々と32秒前半をマークして安全領域に入ったのに対して中団グループは熾烈!
どんどんタイムが上がって1回目のアタックですでに33秒5を切らないとQ1突破が難しい実情が明らかに!
結局トップ3チーム以外は全車2回目のアタックラップへと向かう。
最後の5分間は大興奮!Q1落ちがはっきりしているザウバーとマノーの4台以外はどんどんタイムを塗り替える。
最高潮に盛り上がったのがマクラーレンの2台のアタック。アロンソが32秒8、バトンが32秒85だったのにバトンはQ1落ち!
アロンソがアンダーフロアを新型に変えてきたのに対してバトンは従来型だったそうだが、それでも100分の15しか変わらないの?
殊勲だったのはルノーのパーマー!なんとQ2進出を果たした。ルノーとマクラーレンはほぼ互角という感じ。
結局このセッションはソフトタイヤを履いたベッテル、ライコネンのフェラーリがワンツーとなった。

ワンツーをマークしたフェラーリの2台。タイムは31秒6まで上がった

Q2は最後の生き残りをかけてのし烈な争い。
さすがにメルセデスもレッドブルもソフトタイヤを投入!
トップ3チームはこのタイヤを決勝で使うことも考えての作戦ながら、メルセデスの速さは別格!早くも31秒を切るタイムを2台ともマーク!ここで光ったのはロズベルグの走り!圧巻の30秒7でトップタイムをマーク
ハミルトンもFP3の不調を跳ね返しての2番手タイム。
もはやQ2突破は32秒3を切るくらい出ないと無理という状況が見えてきた後半のアタックでは、今回好調のフォースインディアが7番手、8番手に食い込んでくる。
そして最後の2台はなんとハースが食いこんだ。もちろん2台そろってのQ3進出は初!今年参戦の振興チームなのに素晴らしい成績!
32秒3をマークしたウィリアムズの2台でもQ2落ちと言う熾烈な争いだった。
結局Q2はメルセデス1,2位、フェラーリ3,4位、レッドブル5,6位、フォースインディア7,8位、ハース9,10位と上位10台が綺麗に5チームで並んだ形で終了した。

別格のメルセデス2台!ロズベルグとハミルトン

大殊勲のハース2台。グロージャンとグティエレス

さて、ポール争いのQ3がいよいよ始まる。フォースインディアとハースはソフトタイヤを1セットづつしか持っていないので、最初にアタックするのはトップ3チームのみ。
もちろんポールポジションと2番手はメルセデスに決まっているので、注目はその2台の争いと3番手〜6番手争い。
1回目のアタックでこの週末常にトップタイムをマークしていたロズベルグをハミルトンが上回り、にわかに白熱してくる。最後に合わせこんでくるのがハミルトンのすごさ!
3番手〜6番手は、やはりフェラーリのほうが1枚上でレッドブルを上回る。
そして迎えた10台すべての最後のアタック!かたずをのんで見守る観衆の前で、やはりロズベルグがハミルトンを1000分の13秒逆転して30秒647をマーク!逆にハミルトンはアタックを失敗して自己ベスト更新できず!ここにロズベルグのポールポジションが決定!
3番手にはハミルトンに0.3秒差でライコネンが入り、この週末ベッテルよりも好調だったことを証明!逆にベッテルとレッドブルの2台は31秒を切ることが出来ず!
ライコネンは今シーズン最高のアタックラップでしたね。
おかげで3番グリッド。まゆまゆさんの目の前です。

ちなみに7位のペレスと8位のグロージャンはなんと同タイム!タイムアタックの順番によりグリッドが決まるというとんでもない熾烈な予選となったのであった
ポールポジションをマークしたロズベルグ
昨年に続いて2年連続のポールポジション獲得となった


予選結果はこちら
ちなみにすっかり忘れていたが天気予報で言われていた「雨」というものは一滴も降らなかったのは言うまでもない

1位 No.6 N.ロズベルグ Mercedes 1'30.647(13Laps)
2位 No.44 L.ハミルトン Mercedes 1'30.660(13Laps)
3位 No.7 K.ライコネン Ferrari 1'30.949(12Laps)
4位 No.5 S.ベッテル Ferrari 1'31.028(12Laps)
5位 No.33 M.フェルスタッペン Red Bull Racing 1'31.178(14Laps)
6位 No.3 D.リカルド Red Bull Racing 1'31.240(14Laps)
7位 No.11 S.ペレス Force India 1'31.961(12Laps)
8位 No.8 R.グロージャン Haas 1'31.961(17Laps)
9位 No.27 N.ヒュルケンベルグ Force India 1'32.142(12Laps)
10位 No.21 E.グティエレス Haas 1'32.547(15Laps)
11位 No.77 V.ボッタス Williams 1'32.315(11Laps)
12位 No.19 F.マッサ Williams 1'32.380(11Laps)
13位 No.26 D.クビアト Toro Rosso 1'32.623(11Laps)
14位 No.55 C.サインツJr. Toro Rosso 1'32.685(12Laps)
15位 No.14 F.アロンソ McLaren 1'32.689(12Laps)
16位 No.30 J.パーマー Renault 1'32.807(12Laps)
17位 No.22 J.バトン McLaren 1'32.851(6Laps)
18位 No.20 K.マグヌッセン Renault 1'33.023(6Laps)
19位 No.9 M.エリクソン Sauber 1'33.222(7Laps)
20位 No.12 F.ナッセ Sauber 1'33.332(7Laps)
21位 No.31 E.オコン Manor 1'33.353(9Laps)
22位 No.94 P.ウェーレイン Manor 1'33.561(9Laps)


さて、予選が終わると我々の周囲がにわかにざわついてくる。
しかも女子ばっか!笑
実はこの後、V1席の真ん前でF1前夜祭が開催されるのだ。しかも今回のゲストトークはライコネンが来る!
つまり集まってきたのはカープ女子ならぬライコネン女子!同じ赤でも客層がかなり違う(爆)
もちろん「まゆまゆ」さんも予選終了前から席を移動して準備万端!もちろん「レッド」さんとは電話でしか言葉を交わさずに買われる(爆)
別れる」?あ・・・・
ちゃっかり最前列ゲットしました。

我々は予選終了インタビューを聞いてからスタンドを後にする
ちなみに・・・英語が全然聞き取れずに何言ってるのかよくわからなかった(爆)


さて、この後は鈴鹿名物「じゃんじゃん焼夜会」!もちろん「レッド」さんも「マッツァーノ」さんも参加予定!
「マッツァーノ」さんは友人の「カッシー」さんを連れてくるということで8人の大所帯に!
そこで「たに」さんがお店に連絡して18時半から8名で予約。
まだまだ夜会開始時間までは間があるので、一度ホテルたにに引き上げてから1時間後に出発することとする。
んで、「マッツァーノ」さんとは現地集合と言う約束をしたのだが、なんと帰路で偶然遭遇!
世間は狭い(爆)

さて、この日は「たに」さんが首の後ろが冷えて体調を崩してしまったので、ホテルたにまでの道のりは「ブラッディー」が運転
昨年は確か「きりん♂」さんが運転を担当したような気がする・・・
到着後「たに」さんはしばしの間休んでもらうことに。その間

60インチ大画面の前で、「レッド」さんのスマホが大活躍(爆)
予選の模様をまたもやこの小画面で見ることに(笑)
重ね重ねすみません。。。と言いつつ笑ってしまいました(笑)

PM18:30「天草」で夕食
さて、休息していた「たに」さんが首の後ろを温めたところ復活!
こうするといいらしい(笑)
復活した「たに」さんは急に元気になってなにを始めるかと思えば・・

バイク自慢!?笑!もともとバイク好きなメンバーが集まっているので一気に盛り上がる!
たにさんの起きてきて第一声が「私のバイクをみなさんで褒めてください」だった(爆)
一目惚れして即買いしちゃったバイクですから(笑)皆さんに褒められて自分の無駄遣いを正当化しないと(爆)
そんなこんなしているうちにあっという間に18時!お店の予約時間があるので出発しなきゃ(笑)

ということで

おなじみの天草へGo!ほどなく「マッツァーノ」さんと「カッシー」さんも到着!
注文はもちろん「たに」さんにお任せ!今回は全員アルコールなし!飲みはホテルたにで!

発注したのはこちら!牛肉8人前、うどん8人前、ホルモン4人前、野菜増量!これでも少ないほうなんだとか(笑)

まずは強火でじゃんじゃん焼く!じゅうじゅう音がしはじめたら中火にして混ぜ合わせる。8割ほど肉が焼けたらうどん投入!

水分がなくなってきたら完成!あとはひたすら箸を動かすと・・・・・・30分立たずに食べきってしまう(爆)

毎年の恒例ながら本当においしい 美味しかったじゃんじゃん焼!今回はお酒も入っていないのでみんなひたすら箸を動かし、19時15分には完食!
ということで、ここで「マッツァーノ」さんとお別れ!
「マッツァーノ」さんと「カッシー」さんは宿に向かって帰って行った。

残るメンバーは例によってスーパーマーケットでお買い物。 前日までにビールを消費してしまったので、残りは350ml5本と500ml4本!1ダースほど買い出ししておかねば間に合わないであろう。
ということで夜会開始!
あれ?「たに」さんは?・・・やはり首が冷えるということでひとまずお休みに・・・
その間に買い出しの精算をしたのだが、割り勘が安すぎて上手くいかない(爆)

「レッド」さんはおつりを罰金箱へ投入!と思いきや、帰りの電車賃の小銭がないということで罰金箱でお金を崩す!お金が崩せるほどあるというのが笑える!
ちょうどその頃まゆまゆさんは前夜祭を思い切り楽しんでいた。
(まゆまゆさん撮影)
フェラーリのツイッターの写真にしっかり写っているし(爆)

このベッテルのヘルメット持ってるやつの話が笑えました。座ってはいけない通路にいて警備員に注意されたら「ニホンゴワカリマセン」と言いながら、ベッテルが近くに来たら「誰かペンありませんか?」と聞いたとか(爆)


ところで・・・「たかおちゃん♪」から頼まれたマクラーレンタオルを手に入れていた「ブラッディー」は、画像と共に「鈴鹿に取りに来るか?川越に取りに来るかどっちがいい?」とメール・・・そうしたら

1時間でやってきた!(笑)ということで無事にタオル贈呈式完了!

そして前日「たかおちゃん♪」に会えなかった「たに」さんがここで復活!かくして今年の鈴鹿に集まったメンバー全員とこの日は会えることとなった!
しかし・・・例によって「レッド」さんは21時58分の終電で帰らなければならない。よって

帰りかけたのだが・・・・「たかおちゃん♪」が悪魔のささやき・・・「送っていくで!」・・・じゃあ!ともう一本空ける「レッド」さん!
この後も沢山の話題が出たのだが・・・正直いろいろな話をし過ぎて、「ブラッディー」は画像に残っている記憶しかオフレポに賭けない(爆)
メタボの話とか、血圧の話とか、「たに」さんちの購入物の話とかいろいろ話題があった気がするが

腹でたなあ〜           ええバイクやのう〜         カレンダー、5月からめくってなかった!

結局この日も「たかおちゃん♪」は23時まで滞在!翌日仕事なのにありがとう!
送ってくれてありがとう。余計な手間になるのはわかっていたのですが、どうしてもスマートに乗ってみたくなっちゃて!。
短かったけど楽しいドライブでした。

「レッド」さんを四日市まで送ってくれた「たかおちゃん♪」は八日市到着後に

またまたTV電話で参加!時刻はすでに1時半!  そして迎え撃つはTeam負けず嫌い!
結局買い足したビールを全部飲みきって、就寝したのは2時過ぎ!

この日は「たに」さんもTeam負けず嫌い入り!   後には大量のビールの残骸が残った

109():AM9:00:起床
昨年から決勝のスタート時間が14時 になったのだが、サーキットにはデモランが始まる12時に行ければいいので起床時間は9時!ちなみに
夜、雨が降ったらしい(笑)・・・このコメントは昨年と同じ
しかしもちろん朝目覚めた時点で雨は上がっている!まあ、予定調和だな。
この日はコメダコーヒーではなく、昨年「たに」さんに連れて行ってもらったパン屋さん[Pan de COCO」に向かうこととする。
ちなみに「レッド」さんは奥様「まゆまゆ」さんと別行動で

「たに」さん宅までバスでやってきた(笑)
白子駅からまゆまゆさんはサーキット行きのバスへ、レッドは平田町行きのバスに。
この日の夜は「きりん♂」さんが新幹線で帰宅、他の4名は「ルッソ」号で関東へ帰宅することとなる。よって、「きりん♂」さんは荷物を宅急便で送ってしまう準備、「レッド」さんは荷物を「たに」さん宅まで持ってきたのだ!
ムルティプラ6名満員で出発!
あ!決勝当日の記念撮影忘れた〜〜〜!

Pan de Cocoに到着したのは10:15!朝食?のためなのか店内は大混雑!行列に並ぶこと10分ほどでみんなパンを購入!
このお店はパン屋さんながら、パンを買うとコーヒーの無料サービスがあり、店内で喫茶店の様にして食べられるのだ。

そこで「ブラッディー」を含む数名はここで食べる分の他に持ち帰る分も購入!「ブラッディー」はなんと6個もパンを買ってしまった!もちろんサーキットで小腹がすいたときに食べるのだ。
さて、朝食の済んだところでサーキットへ!時間的には余裕があるのでまったり歩いていたら
なんとこれからデモランに向かうフェラーリF187に遭遇!

PM12:00: レジェンドF1デモ走行〜ドライバーズパレード

さて、スタンドに到着した時には ポルシェカップ決勝が行われていたのだが、レースは荒れ模様で最後はセイフティーカー先導のまま終了と言う結果に
ポルシェだとホームストレートでもきれいに撮れるなあ。
ちなみにこの日の天気は曇り!頼むから陽射しは出ないで〜という我々の思惑通り、気温も25℃くらいでレース観戦には最適な日和!
そんな中で12時、昨日に続いてのフェラーリF187とマクラーレンホンダMP4/5のデモランが行われる
と・・・その前に

なんとグランドスタンド前でロン・デニスのインタビューが!そしてピットではタイヤ交換練習が行われていた
こういうイベントが見られるのもグランドスタンド席の特権!やっぱり・・・値段の高い席はいい(爆)

前日と同じF1レジェンドデモ走行は、マシンもドライバーも同じ!
やっぱりホンダV10の音はいいなあ〜。フェラーリV6ターボも、今のターボエンジンとは違って低く野太いエキゾーストがいい!
フェラーリF187は「ブラッディー」が初めて観戦した1987年の鈴鹿でベルガ―が優勝を飾ったマシン!今でもその時のポールタイム1分40秒042と言うのを覚えてるぞ〜
一貴のフェラーリが走行ラインじゃないイン側を走っている。
さすがスタンドから見やすいよう分かっているねと思ったら、事前にフェターリスタッフからフェラーリの2台が付くイン側のラインを走ってくれって頼まれたんだって(爆)フェラーリ必死(笑)

さて、続いて12時半からはドライバーズパレードが始まる。このイベントも見逃すわけにはいかない!
昨年は炎天下の中で必死に耐えたのだが、今年は涼しくて気持ちい中で優雅に見物!
しかしこのドライバーズパレード、先頭の方はゆっくりとスタートしていったのだが、後ろに行けばいくほど間隔があいてしまって猛然とダッシュすることに(爆)
ドライバーがあぶない

最初は金網が写ってしまうほどのスロー・・・・・最後は流し撮りだよ(爆)
ちなみに全員の画像を撮影できたのだが、面倒なのでアップはしない。「まゆまゆ」さんのために
ライコネンだけ特別にアップしよう(笑)
このドライバーズパレードの中でベッテルの乗っていたフェラーリ250GTOがマシントラブルでストップしてリカルドに同乗させてもらったり、Cスタンドのホンダ応援席前でアロンソとバトンが一度クルマを下りて小林可夢偉のインタビューを受けたり、にくい演出がところどころに あったのも見逃せない
まゆまゆさんの席から(まゆまゆさん撮影)
この画像の中にマッツアーノさんが写っているはず。

そして極めつけはハミルトン・・・

他のドライバーは降りて歩いてピットに戻ったのに、ハミルトンだけはちゃっかりピットまで送ってもらう!(笑)
まゆまゆさん情報(まゆまゆさん撮影) 
まじまじと自分の着くグリッドを観察するハミルトン。グリッドが濡れているのが木になる様子でした。

ということでお祭りイベントはここで終了!いよいよ残すはF1決勝レースのみとなる

PM14:00: 決勝!
さて、この日は涼しかったので「ブラッディー」はずっとスタンドで決勝を待つ。
ここでまゆまゆさん情報
(まゆまゆさん撮影)
なぜかハミルトンのグリッドだけブロアーで乾かそうとするスタッフ 
(まゆまゆさん撮影)
すかさずそれに抗議するフェラーリスタッフ 
すでにコース上では仁義なき戦いが繰り広げられているのであった。

これを見ていた「まゆまゆ」さんもすごい!


13時を回ると決勝レースに向けた準備がコース上で着々とおこなわれる

グリッド上にまず予選結果のボードを置いてゆき、そこにグリッドガールがやってきて整列する
ちなみに今回の冠スポンサーはドバイのエミレーツ航空。フジテレビはここでも冠スポンサーから降りてしまった。
結果的にグリッドガールも日本人が少なくなった感じ・・・
そして13:30にピット出口がOPENになり、各車がコース上に現れる。数週の最終確認をしたマシンは、最後尾グリッドのところで一時停止して

エンジンを止めてメカニックの手で押してグリッドに配置される。こういうシーンを見られるのもグランドスタンドの特権だな〜
最後にグリッドに着いたのは最年少のフェルスタッペン
13時45分にはスタートライン上で君が代斉唱が行われる。今回はオペラ歌手の方が担当したのだが、場内放送のマイクスイッチが入っていなくてちょっと興ざめ。
ドライバーは全員がこの国歌斉唱中はスタートラインに並ぶ。
君が代斉唱と言うとSpiritsの場合は「サバカラ」を思い出してしまう(爆)

そしてドライバーたちは各マシンへ。目の前をバトンやエリクソンが通過する。
我々の目の前には

15番グリッドにアロンソ、17番グリッドにマグヌッセン!
そういえばデンマーク国旗を振っていたマグヌッセン応援団は、ルノーのピット前でなおかつグリッドも目の前という絶好の位置で観戦することになったわけ

しかし残念だったのは「まゆまゆ」さん!なんとライコネンはギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティが課されてしまう。ベッテルが3グリッド降格されるので、実際のグリッドはロズベルグ、ハミルトン、フェルスタッペン、リカルド、ベッテル、ペレス、ライコネンの順!思惑が外れて目の前にはフェルスタッペンが・・・
しかし結果的にライコネンがよく見えたそうな。
(まゆまゆさん撮影)
よかったよかった!(笑)

なお、バトンもエンジン交換で35グリッド降格!最後尾スタートとなった。
ちなみに上位10台はソフトタイヤスタート。ウィリアムズはミディアムタイヤスタートを選択。後方ではバトンがハードタイヤでスタートしてロングランでの順位アップを狙う
Are you ready?  イェーイ!!

そして14時ジャスト

フォーメーションラップスタート!各車一斉にグリッドを離れる。と同時にメカニックが一斉にピットへ退避。このメカニックの動きの速さには唖然!(これは昨年のコピペ!)

ポールのロズベルグを先頭に全車がいったんグリッドに着く。ライコネンよ頑張ってくれ!

我々の目の前付近にはアロンソとマグヌッセン!
そしてスタート!
ロズベルグは抜群のダッシュで1コーナーを先頭で通過!ところが2番手グリッドのハミルトンが 完全にスタート失敗!マシントラブルか?と思うほど遅いとスタートに、偶数グリッドのマシンは右往左往!よくぞ誰も接触せずにクリアしたなって感じ!?ハミルトンは一気に8番手まで後退し、ベッテルやリカルドもあおりを食ってフォースインディアに先行されることに!

ロズベルグは悠々トップを奪うと1周で2秒近い差をつけてホームストレートに戻ってくる。2番手はフェルスタッペン、3番手にペレスが大躍進、4番手リカルド、5番手ベッテル、6番手ヒュルケンベルグ、7番手ライコネン、8番手ハミルトンと言うオーダーでホームストレートを通過!
フォースインディアの2台が一気に前に来たことで、この2台に抑えられる形で後方集団が形成されてゆくことになる。
中団ではハースの2台が順位をキープし、ウィリアムズはミディアムタイヤの影響か?トロロッソ2台に先行される。
ここからはフェラーリとハミルトンのオーバーテイクショーが始まる。やはり速さではフォースインディアは上位3チームにかなわない。鈴鹿のコース上でこんなにオーバーテイクが見られるとは!
3周目にベッテルがペレスをオーバーテイク!前を行くフェルスタッペンを追う。その間にもロズベルグは余裕綽々でファステストラップをマークしながらトップを独走。
リカルドもペレスをパスしたいところだが、ストレートスピードが若干劣ることでなかなか前に出られない。この影響でトップ3台はどんどん逃げてしまう形になり、完全にトップ争いから脱落。
6番手にあがっていたヒュルケンベルグをライコネンが6周目にパス!続いて7周目にハミルトンもパス!
フォースインディアはコンストラクターズ争いを考えてここは無理をしない。今回は7,8番手狙いか?
フェラーリ2台は明らかにレッドブルより速そうなのだが、つくづく今回のグリッド降格が残念!
ここからしばらくはレースはこう着状態。バトンもハードタイヤなのでなかなかマノーをパスできない。

レースが動いてきたのは最初にのピットストップが行われた11周目。レッドブルはここでアンダーカット狙いで2台を一気にタイヤ交換してしまう。選択はハードタイヤ。
そしてライコネンとベッテルは同時にタイヤ交換!ところがライコネンがペレスにつっかえる。ペレスとライコネンがコースに戻ったところにリカルド!ここからの4つ巴の戦いは見ごたえあった!
まず、リカルドがペレスをパス!そしてパーマーにつかえたペレスをホームストレートでライコネンが2台まとめてパス!とそこにタイヤ交換を済ませたハミルトンが飛び出てくる!さらにハミルトンは前を行くリカルドを一気にパス!
もう誰が前なのかよくわからないくらい入り乱れたオーバーテイク合戦の後、1回目のタイヤ交換を終えたところで上位陣の順位は、ロズベルグ、フェルスタッペン、ベッテル、ハミルトン、リカルド、ライコネン、ペレス、ヒュルケンベルグ。
実はこの間にミディアムタイヤでスタートしたウィリアムズの2台がいて、この2台はタイヤを変えた上位陣にどんどん抜かれる
こんな感じで!
順位とメンバーだけを見れば「またか」と思えるような状況なのだが、どこもかしこも接近戦だし、タイヤのストラテジーも違うのでめちゃめちゃ面白い!
上位陣の戦略はソフトーハード―ハードの2ストップ作戦となりそうな感じ。逆にウィリアムズのミディアム作戦はこの時点では失敗かと思われた。
Q3に2台そろって進出したハースだったが、決勝レースではグティエレスがスピンするなど精彩を欠く。

レースがこう着しつつあった27周目にライコネンが2回目のタイヤ交換に動く!ハードタイヤで残り半分を走り切ろうという作戦。これによってリカルドをアンダーカットすることに成功!5番手に浮上する。
ミディアムでスタートしたウィリアムズの2台も27周目にワンストップのタイヤ交換。ハードタイヤで残りを走りきることになり、この戦略でハースのグロージャンを押さえることに成功する。
ロズベルグとフェルスタッペン、ハミルトンも2回めのタイヤ交換でハードを選択。これで最後まで走りきることになる。
ところが3番手を走っていたベッテルはなんとここでステイアウト!暫定トップで2回目の交換を引っ張る。
ベッテルがタイヤ交換に入ったのは35周目!選んだのはソフトタイヤながら、ハミルトンが目の前に!コース上でハミルトンを抜くしかなくなってしまった。
結局その後はベッテルもファステストを連発して追い上げるも抜くには至らず・・・・
逆にハミルトンは残り8周で2位のフェルスタッペンに1秒以内まで迫る追撃!これは目が離せないじゃないか!

あちこちで息の抜けないバトルが続いているので、表彰台への席の移動を決断できなかったのだが、フェルスタッペンの粘りの走りで残り3周で大勢は決したということで席の移動 を決断!
昨年も席を移動したのだが、今年とは大違い!コース上の状況を見ながら表彰台までまで移動する。

昨年に比べてレースが面白かったということで、表彰台までも余裕で陣取ることが出来た!表彰台前には浴衣のお姉さんが一人たたずんでいた(笑)
ということで
53周のレースのチェッカー!
ロズベルグはこの週末全セッションでトップタイムと言う盤石の優勝を飾った。ちなみに鈴鹿では初優勝!
これでチャンピオン争いでハミルトンに33ポイントリードをつけることとなり、メルセデスは3年連続のコンストラクターズチャンピオンを決めた!
しかしさすがのハミルトン!8番手まで後退しながらの3位表彰台は見事!
フェラーリはレースペースが良かっただけに本当はグリッドダウンなしで戦わせてみたかった気がする
そして鈴鹿ラストランのマッサ! 
予選12位からの9位入賞はお見事!


パルクフェルメでは歓喜のロズベルグ      そしてなだれ込んできた観客!
なだれ込んできたというより、整然と行進してきたという感じ。日本の客は行儀がいいのだ。

表彰台でドイツ国歌演奏!!           そしてシャンパンファイト!
ん?フェルスタッペン君、日本では未成年は飲んじゃ駄目よ〜(笑)
タキ井上のツイッターで「現行犯逮捕!!」だって(爆)
シャンパンファイトの後は恒例の表彰台インタビュー!
ここに2016年の鈴鹿が終了した。正直・・・全然眠くならなかった(笑)
これだけの白熱レース、F1ではなかなか見られないかもしれない!

レース結果

1位 No.6 N.ロズベルグ Mercedes 1h26'43.333
2位 No.33 M.フェルスタッペン Red Bull Racing 0'04.978
3位 No.44 L.ハミルトン Mercedes 0'05.776
4位 No.5 S.ベッテル Ferrari 0'20.269
5位 No.7 K.ライコネン Ferrari 0'28.370
6位 No.3 D.リカルド Red Bull Racing 0'33.941
7位 No.11 S.ペレス Force India 0'57.495
8位 No.27 N.ヒュルケンベルグ Force India 0'59.177
9位 No.19 F.マッサ Williams 1'37.763
10位 No.77 V.ボッタス Williams 1'38.323
11位 No.8 R.グロージャン Haas 1'39.254
12位 No.30 J.パーマー Renault 1Lap
13位 No.26 D.クビアト Toro Rosso 1Lap
14位 No.20 K.マグヌッセン Renault 1Lap
15位 No.9 M.エリクソン Sauber 1Lap
16位 No.14 F.アロンソ McLaren 1Lap
17位 No.55 C.サインツJr. Toro Rosso 1Lap
18位 No.22 J.バトン McLaren 1Lap
19位 No.12 F.ナッセ Sauber 1Lap
20位 No.21 E.グティエレス Haas 1Lap
21位 No.31 E.オコン Manor 1Lap
22位 No.94 P.ウェーレイン Manor 1Lap


結局22台すべてがリタイヤなしで感想!グロージャンは最後までウィリアムズ攻略をできず、11位と残念な結果に終わった。
逆に引退を表明しているマッサはボッタスを抑えての9位は見事。マシンセットアップが決まらない中でしぶとくポイントを獲得した。
マクラーレンもアロンソ16位、バトン18位と残念な結果に!来年は表彰台を狙ってほしいものだ。

さて、決勝レースが終わったところで「きりん♂」さんは翌日出張と言うことでバスで帰宅の途に
最後に記念撮影!お疲れ様〜気を付けて帰ってね!
ちなみに「まゆまゆ」さんは早くもサーキットを後にしたそうな!
そして「マッツァーノ」さんは「カッシー」さんと待ち合わせているとのことで合流せずに別れることになる。
残るメンバーはグランプリスクエアを見物しながら帰宅の途に

マクラーレンMP4/5とBARがいるとは思わなかった(汗)
そしてRA272まで!
ホンダの歴代F1エンジンの展示もあったなんて・・・すっかり見逃してた(汗)
来年も絶対来よう!

PM16:00: ホテルたにへ〜インド村で夕食〜解散
サーキットを後にした5人は駐車場へ戻る。その途中で魚長の屋台に立ち寄り
「ぜひ、穴子天丼を来年は用意してください」笑!
やっぱ魚長さんは「穴子天丼」じゃなきゃ!

ちなみに今年はこの駐車場なので、「ブラッディー」の交通整理も不要(笑)
でも、なんだか人通りも少なくて、通りに出るのは楽ちん楽ちん!それはそれで寂しい気もする
ここから直行でインド村に行ってしまおうかという話もあったのだが、大渋滞だったのであっさり断念

帰宅後は「レッド」さんがフォーミュラーEの模様を上映開始する
(今日はPCで少しだけ画面が大きくなりました。)が・・・・この二人は撃沈zzz(笑)
フォーミュラーEの音ってよく眠れるなあ(爆)

30分ほど眠ってから目覚めるとすっきり!道も空いているだろうということで、恒例のインド村での夕食に向かうこととする。
「たに」さんは

お気に入りのドカで出発!「ルッソ」号は道を知っている「ブラッディー」が運転してインド村へ向かう

18時にはインド村到着!朝買ったパンを食べただけなのでかなりお腹が空いていたはず!

「たに」さんはもちろん恒例のダイナマイトカレーを発注!「今回はいつものチキンじゃなくてポークだよ!」笑

「ブラッディー」はいつものマトンカレーとガーリックナン!この量は・・・さすがに全部食べたらお腹がいっぱい!
今回も ゆっくり1時間かけて食事をした5人の腹は満腹!
最後にいつもの食事券を無理やり「たに」さんに押し付ける(爆)

最後に記念撮影して解散!ここで「たに」さんとはお別れ!
毎年本当にありがとう!「たに」さん!
体調、気を付けてね!無理しないでくださいね〜


関東組は今回は1台だけなので4人で「ルッソ」号に乗って一路東へ。ドライバーはまず「ブラッディー」が担当!
いつものことながら運転の荒さには定評のある「ブラッディー」(笑)
クラッチには優しい運転である。(物は言いよう)四日市市内で恒例の渋滞に嵌まるものの、いつもよりは空いていたかな〜
19時に鈴鹿を出発して伊勢湾岸道〜新東名を経由し、岡崎S.A.には21時半に到着。ここで「ルッソ」さんにドライバーチェンジして23時には鮎沢P.A.到着。渋滞は全然なし!車内では遅い岐阜ナンバーの車をけなしつつ(爆)、あっという間に到着という感じ!
この間の会話もF1の話題からイベントの話、幹事の心得に気配りのすゝめ!など盛りだくさんで飽きることはない!
ここぞとばかり毒吐いてたなあ〜(笑)
鮎沢から再び「ブラッディー」がドライブして入間インターで下りたのが23時40分!
「ルッソ」さん宅近くで給油!
結局「ルッソ」さん宅には0時前に到着!鈴鹿って近いなあとは「ルッソ」さんの弁!
ここでにょろ吉に乗り換えた3人は

1時に吹上の「チャチャ」さん宅、1時半に宮原の「レッド」さん宅へ到着!「ブラッディー」の自宅到着は2時前であった。
お疲れ様でした〜

 

編集後記
今年は天気をコントロールできました!笑
 奇跡!
昨年から利用し始めたグループ席 !今回は天気も良かったので金曜日は最大限あちこち回っての撮影大会、そして土日は快適な気候の中での快適な観戦席!グループチケットをゲットしてくれた「レッド」さんには感謝感謝!
新しいカメラ、楽しめましたか?下手するとどっぷり嵌るぞ〜!楽しめました!久々の1眼レフにはもう嵌まった!

そしていつも自宅を提供してくれる「たに」さん、毎年体調が悪化してしまうのは心配だけど、気遣いもあるんだろうなと本当に感謝しています。
本当体に気をつけて〜

車を提供してくれた「ルッソ」さんにも感謝感謝です。高速での長距離移動に156V6は本当に楽!助かりました。
乗り心地良かったです

昨年と全く同じメンバーでの観戦だったので、移動のパターンや時間もみんなわかってくれていて幹事がやりやすかったです。
みなさん、本当にありがとうございました。

レースの方もこれまた例年にない盛り上がりで、予選、決勝とも全く眠くならないすごい展開でしたね。これぞ世界最高峰の戦い!
いくらメルセデスが速すぎると言っても、やっぱり生でのF1観戦は興奮します!
やっぱり鈴鹿詣ではやめられないなあ。
来年もまた是非鈴鹿でお会いしましょう!

マシーンの音がだいぶ良くなりましたね〜。
来年はタイヤも大きくなってさらに迫力が増すはず。
ますます楽しみです。
幹事のブラさん、ありがとうございました。
今回私はみなさんと別行動だったので全てお任せしてしまいました。
本当感謝です。
まゆまゆさんはフェラーリの戦略のダメダメさにご立腹でしたが、それ以外はすごく満足だったそうです。
来年はV2席かな? グループシートで51500円! 高いか(笑)

季節の変わり目に弱いホテルたに管理人ですがまた来年も楽しみましょう♪
来年は季節が変わらずに「夏」のままならいいんですね〜!承りました(爆)

back

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー