Team SPIRITS HomePage
人生とは年輪と人は言う
そしてその年輪はパートナーと共に築くものであると僕たちは思う
Team SPIRITSは人、モノ、コトを大事にする人の集まりだと歳月が語っている

〜「ブラッディー」と「グランブルー」の みちのく温泉二人旅〜

その話は唐突に湧き上がった。10月21日から1週間岩手に出張予定があった「ブラッディー」だが、クライアントから前の週にも来てほしいという要望が起こり、急きょ鈴鹿帰りの翌々日10月15日から岩手に出張することになったのだ。
そこで19日(土)午後から21日(月)午前までがぽっかりと空いてしまった「ブラッディー」は、どうせならということで東北温泉巡りを計画。その話を10月6日(日)、「居酒屋ブラッ亭」に集まったメンバーに話したところ、なんと「グランブルー」さんがノリノリに!
かくして5月から毎月のように宿泊旅行を繰り返している「ぶらぐら」の2名がまたもや温泉旅行に一緒に行くことになったのだ。
今回は期間が実質2日間と短いため、まさに「温泉を巡るだけの」みちのく二人旅!早速レポートしよう。


10月19日(土)
この日「ブラッディー」は沼宮内のクライアントの元で午前中まで仕事していた。「グランブルー」さんは早朝5時には埼玉を出発。一路沼宮内を目指す。
盛岡で高速を降りたのが11時前。チェックしておいたおそば屋さんに向かうも「都合によりしばらく休業させていただきます」の表示。がーん。セカンドチョイスの滝沢村のおそば屋さんで無事昼食をとり沼宮内サンクスには1230に到着。盛岡って近いねえ〜。うん、近い近い(爆)!
集合はいわて沼宮内駅前のサンクス。ここまで「ブラッディー」はクライアントに送っていただいて到着。
今回のマシンも「グランブルー」さんの長距離爆撃機メルセデスEクラス

「グランブルー」さんのドライブで早速出発!  東北道を北へ向かう
この日は(いつものように)天気予報をひっくり返して晴れ!実は翌日に奥入瀬に行く予定だったのだが、晴れているこの日のうちに行っておこうということで、小坂インターまで一気に高速を突っ走ってしまう。
とても良い天気でしたね。初冠雪の岩手山の頂上までくっきり見えたのは珍しいことのような気がする。地元の人でもなかなか見えないようですよ。ラッキー!
小坂インターで東北道を降り、まずは十和田湖へ。
意外なことにほとんど紅葉していない
途中の笹森展望台に立ち寄ってみたのだが

やっぱり意外と紅葉していない。でもこの日は岩手山がくっきり!
さらに今度は峠を下って十和田湖方面へ向かう。

さすがに北へ向かってゆくにつれ、徐々に黄色くなってゆく。でも本当の紅葉はこんなもんじゃないからなあ〜
と走っていたら15時には十和田湖手前の発荷峠展望台に到着。さすがに土曜日とあって駐車場は混雑。何とかクルマを止めて観光!

ここでも紅葉はまだかなあ〜            でも、この青空と湖の対比は見事!
こんなに綺麗な十和田湖を見られるとは思わなかった〜!やっぱりスーパー晴れ男パワーはすごいのだ
以前、ちょうど同じ時期にバイクで来たことがありましたが、そのときには紅葉は終わりかけ。今年はやはり最近までの暑さが効いているのか奥入瀬はこれからって感じでしたね。
仕事モード丸出しの「ブラッディー」(笑)
お疲れ様です!
発荷峠を出発して、二人は十和田湖を反時計回りに回って宿のある八甲田山を目指す。もちろん景色は申し分ない。

そういえば十和田湖っていつも湖面が道路すれすれだけど増水したりしないのかな?と素朴な疑問を抱きつつ湖畔道路の木漏れ日を楽しむ
富士五湖の水位の変化の大きさを知っているだけにホント不思議なんですよ。
癒されますなあ〜。マイナスイオンいっぱいですぜ〜
湖畔道路を北上していよいよ奥入瀬へ。さすがに奥入瀬は観光客であふれていて、駐車場待ちの車で渋滞するくらいの混雑ぶり。我々は・・・そんな混んでいるところは嫌いなので、クルマの中からの景観を見るにとどめる(爆)
まだ紅葉もしていないしね〜
車窓からでじゅうぶんでしょ そうそう!
「グランブルー」さんはこの日向かう「谷地温泉」には数えきれないくらい宿泊しているし、「ブラッディー」も前回「寺ちゃん」と奥入瀬はあちこち酔って堪能しているしね〜
でも、八甲田山に向かう国道国道103号線を上ってゆくと、さすがに紅葉が見事になってくる。蔦温泉を左手に見ながらさらに上ると

見事な紅葉の中を路地に向かって左折     谷地湿原を右に見ながら登ってゆくと

秘湯「谷地温泉」に到着!             山小屋のような古い造りが風情たっぷり
ここはかつて「日本秘湯の会」に所属していたのだが、経営悪化で伊藤園グループに吸収されて今に至る。ちなみに料金は一泊二食付でさらに夜は2時間の飲み放題付で8800円と格安!これで日本三秘湯に宿泊できるなんてすばらしいと思いません?
遊びで(仕事でも?)青森に来たときの定宿です。2001年には「素泊まり2001円!」なんて企画もやってました。そんなことするから・・・

登山口はもちろん紅葉しているし         目の前には谷地湿原が広がる
チェックインは予定通り16時ジャスト!ちなみにこの二人、今までチェックインタイムを見誤ったことはない(笑)
なんと部屋にはベッドと布団!
最近一人客も多いし、お年寄りなどもベッドのほうがいいという方が多いのだろう。最初から布団をひいてあるということで、人件費を最小に抑えているのだ。伊藤園グループってすげえな。
一時経営悪化で休業した時、「このまま廃業しちゃったらどうしよう」と本気で仲間内で心配してました。伊藤園さん、良い状態を維持してくれて感謝です。従業員さんは大変だろうけど・・
ということでお決まりの到着乾杯!
夕食は18:30ということで一本飲んだところで早速温泉へ。この谷地温泉は「ぬる湯」で有名なのだ。なんせ温度の低い浴槽は38℃程度。いつまでも入っていられちゃう。もともと「ぬる湯」が好きな「グランブルー」さんにとっては天国!日本一お気に入りと言ってもいい温泉なのだとか!実は「グランブルー」さん、7月の「ブラッディー」との被災地を巡る旅の時も最後はここの温泉で〆たのだ(笑)
「ブラッディー」は前週の鈴鹿で30℃の灼熱を経験して、その後2℃の岩手を経験しているので左足の古傷(笑)が痛くなっていたのだが、この温泉に浸かったらあっという間に治っちゃった!
そうでしょう、そうでしょう!長時間ゆっくりつかれるのがぬる湯の良いところなんです。確かに!でも、そのおかげで入浴客の回転が悪く、いつも混んでいるのだ。そういうわけだったんですね〜
残念ながら他のお客さんもいっぱいいたので、温泉の画像はなし。
ちょっと見難いけど昔撮った写真です。(画像提供「グランブルー」さん)
さて、ゆっくりと温泉に浸かった後は夕食

質素ながらもボリュームのある食事と      飲み放題のビール!
我々は18時半ちょっと過ぎに食堂に向かい、きっちりと20時半の飲み放題終了まで長居(笑)
もちろんビールは飲むは飲むは!これでもちろん腹いっぱい!
ちなみにこの日は満月!くっきりと夜空に浮かんでいた
その後はもちろんもう一度温泉に入り、部屋に戻って飲み直し!でもビールじゃない
ん?ワイン?
実は「ブラッディー」はこの時訪問していたクライアントから岩手のワインを2本頂いてしまったのだ。1本はホテルで飲み干し、残る1本を持ってきたわけこのワイン一本を飲み干し、さらにビールを買い足して飲み干し、夜会終了したのは0時であった。
すぐに撃沈した「ブラッディー」をよそに、「グランブルー」さんがもう一度温泉に向かったのは言うまでもない(笑)
お湯と会話をしに行ってきました(笑)。
そして湯の中で会話しながら撃沈したのは言うまでもない(爆)

10月20日(日)
この日、朝食時間は7:30.もちろん二人ともギリギリまで寝ていて10分前に行動開始(笑)
この質素な朝食がまたいいのよ〜
食事をゆっくりと食べた後は、さらにのんびりと温泉へ。基本的に急いで行動するということはしない二人。
温泉入浴後もまったりと過ごして9時過ぎにいよいよ行動開始。9時半にチェックアウトする。

この日の運転は「ブラッディー」が担当。来た道を戻っても面白くないということで八甲田山をさらに上り、十和田湖の西側の湖畔を通って発荷峠まで戻るルートを選択。

山の上に向かうとさすがに紅葉がすごい!この日は小雨交じりだったのだが、雨に濡れた紅葉もまたきれい

蓮連沼付近にて                  城ヶ倉では完全に紅葉のピークということは・・・
有名な城ヶ倉大橋では一度停車して紅葉を撮影しようということになる。

城ヶ倉大橋ではこの通り!でももっと赤くなるのかなあ〜。ちなみに雨交じりなのに岩木山までばっちり見えた!
ちなみに宿泊した谷地温泉は携帯の電波も入らない秘湯なので、携帯の電波が通じたこの付近で「ブラッディー」の携帯は鳴りっぱなし(笑)
メールやらLINEやらの返答に四苦八苦!これ、便利なのかなんなのか?笑
なんか大変なことになっているな、と。いや便利なんですよ。いやいや、遊ばれてるんですよ〜。いけませんなあ。
さて、一通りネットに遊ばれた後は再出発。この後はひたすら十和田湖に向かって南下。途中で空気を読んでいない車を威嚇してどかし・・・もとい親切に譲っていただき、どかない車はぶち抜き・・・もといこちらがリスクを背負って追い越させていただき、大湯方面へ。しっかし途中で前にずっといたCUBEは運転へたくそだったなあ〜。
たま〜にいますよね。リズムが全く合わない奴。必要以上の減速、むだな加速。あーやだやだ。
そんな時メルセデスの瞬発力が火を噴くんですな。

雨も本降りになってきていたので景色を楽しむという雰囲気ではないので一気に大湯まで走り切ってしまう。大湯と言うと「寺ちゃん」に前回教えてもらった環状列石で有名なところ。ということで差し掛かってみると

じぇじぇじぇ!ストーンサークル館なんかあったか? しかもこのテーマ館の中でよく見ると環状列石って何個もこの近くにあるのね〜
こんな凄いところだなんて初めて知った!
ここでトイレ休憩して一気に花輪まで走り、そこで昼食を摂ろうということになる・・・が・・・道の駅花輪に到着してみると食堂は長蛇の列!なんなんだ?もちろん我々は混んでいるところが嫌いなので、食事よりも前に進むことを選択。混んでいるところは嫌いです。並ぶのも嫌いです・・んだんだ!

小雨が降りながらも山肌がきれいに見える   街路樹は紅葉していてきれいだし

国道341号線では、見事な紅葉の中をひた走る!
思わずクルマを止めて撮影したくなるような景色!
気持ち良いドライブは続き、このまま玉川温泉の横を通って一気に田沢湖まで行ってしまおう!と言っていたところで、玉川温泉脇で突然前に車が止まってた!しかもスノーシェードの向こう側まで長蛇の列!一向に動かない・・・
10分ほど経過したところで「ブラッディー」がタバコを吸いがてら前の様子を見に行くと
ん?事故?
実はこの先のスノーシェード出口でアウトに膨らんだ車が対向車と正面衝突していたのだ。この影響で現場で15分ほど足止めを食らって再出発。事故が起きてからかなりの時間が経過していたらしく、先頭の車は多分30分以上待たされていたのではないだろうか?危ない危ない
 ほんと危ないね。なんでああなるんだろ?突っ込んだ方がクロカンで突っ込まれた対向車がセダン。セダンはボンネットなくなっちゃって悲惨でしたよね。迷惑どころかあれじゃあクロカンは殺人行為だよなあ。
その後は順調に?遅い車を交わしつつ、乱暴な運転の車を煽りつつ(爆)無事に田沢湖に到着。田沢湖駅前のお土産屋さん「市」へ向かう。
これが「市」。田沢湖駅ロータリーの真向かいにある。
ここは「グランブルー」さんが知っていたお店で、店内には十割そばのお店もある。ということで
遅い昼食にありついた二人。この蕎麦は美味かった〜
このざるそば、価格600円!観光地なのに良心的な価格だ。しかも腰があってかなり腹いっぱいになる。
ここは「そば五郎」というお店なんですが、たまに「ラーメン五郎」という店になるらしい。この日も限定「魚油ラーメン」があったようなのでそっちにすれば良かったかな?物産館「市」はお土産も豊富でおすすめです。田沢湖へ行った際にはぜひ。私はここで民芸品のお土産買いました
さて、時刻は14時。このまま行ってしまうとこの日の宿国見温泉石塚旅館には30分ほどで到着してしまう!ということで食後のスイーツなどを食べようと田沢湖方面に引き返して「グランブルー」さん御用達のお店に行ってみたのだが・・・なんと駐車場が満車になるほどの盛況ぶり!
ここは「山のはちみつ屋 ビースケップ」っていって、蜂蜜入りのカステラやシュークリームが美味。さらに100円で本格コーヒー飲み放題。いつも真冬にしか行かないものでオンシーズンの盛況ぶりにびっくり。こんなに人気だったのね。
もちろん我々は混雑が大嫌いなのであっさりと諦めてコンビニでビールを買い出し(笑)
すげえ、このLOWSONはそば屋さんも兼ねてる!
買い出しが終わり、国道46号線を盛岡方面へ進んでいよいよ国見温泉へ
先日の台風によって各所でがけ崩れが・・・
国道から7q程上るといよいよ国見温泉!到着時刻は15時ジャスト!またしても予定通り!
ふふふ、ラリードライバー並の正確さなのだ。ナビコン内臓なんだ〜!
実はこのみちのく温泉二人旅に「寺ちゃん」がここで合流するかもしれないという話があったのだ。二人が駐車場内で目を皿のようにしてジムニーを探したことは言うまでもない。しかし「寺ちゃん」はこの日途中まで来ていたものの所用で引き返したという痛恨の不参加!しかし・・・この山奥にはそれを伝達する手段はない。なんせ宿の電話だって衛星電話なんだから・・・笑
そうだったのか。やはり近くまで来てたのね。それは残念。かなり期待してました(笑)。

ということで到着!                 国見温泉石塚旅館!
ここは日本秘湯の会所属の温泉で一泊2食付でなんと9095円!今回の旅は本当にチープに満喫してるなあ〜
そして到着したらまず一本でしょう!
16時を回ると立ち寄りのお客さんがみんな帰るので、その時間を狙ってゆっくりと温泉へ。実はこの温泉

バスククリンのような緑色をしているのだ!   ふむふむ・・・ん?不味い?
ちなみに「何で緑色をしているのか?」という質問に対して、亡くなった前の主人は「わからない」と答えていたそうな(笑)
帰宅後調査したところ、この色に関しては大学の研究室が考察してます。微粒子による光の拡散に関連するちゃんとした理由があるらしい(笑)。

ちなみにこの国見温泉、源泉かけ流しなのに湯温が42℃くらいある!正直内湯には10分入っていられない(笑)
「日本ぬる湯党」党員の私には気持ち良いけどキツいっす。
露天で半身浴が長湯の秘訣かもしれない。それでも長湯すると湯あたり必須!
さて、まったりと温泉を楽しんだ後はもちろん夕食。夕食は18時より開始

ボリュームすげえ〜!               肉なんか丸々1枚だよ

この料理にはやっぱり日本酒でしょう!とお店の人に聞いて地酒を発注!くいっと飲むとまた美味いのよ
以前泊まったときよりもグレードアップしている気がする。
正直、昼食が14時近かったこともあって二人とも腹いっぱいでなかなか箸が進まない。たっぷりと1時間かけた夕食ながら、酒はこの一本のみ(笑)!
しかも部屋に帰ってから二人とも撃沈zzz!「ブラッディー」はTV見ようと思っていたのだが、記憶が飛んでた。
気が付いたのは22時ごろ(笑)ここでもちろんもう一度温泉へ。
「ブラッディー」は1人で露天風呂に行ったのだが、そこで茨城から来たお客さんと意気投合!なんでも栃木にある日本秘湯の会の宿の女将さんたちと親睦旅行だそうな。そういえばその宿の女将さん、混浴露天風呂に一緒に昼間入っていたなあ。
宿同士の交流はあるみたいですよ。どこの旅館かな?
熱いお湯にすっきりして・・・
再び飲み始める(笑)
結局二人はこの後さらにビール2本を飲み干して1時過ぎに就寝zzz
食っちゃ寝、飲んじゃ寝、入浴しちゃ寝のぐうたら生活はここで終止符を打つ。


10月21日(月)
二人が目覚めたのは7時!意外と早起き?朝食は7時半ということで「グランブルー」さんは外の景色を撮影に出かける。

もちろん雨は止んでいる              盛岡方面は青空も見えてきた!
さて、朝食は?
いいねえ、温泉旅館の朝食!
この日は前日の酒が少なかったこともあって二人とも胃の調子は順調!朝食を平らげた後は再びまったりと温泉に(笑)月曜日だというのにこののんびりさ!
この日は「ブラッディー」が12時前にはクライアントの会社に行かねばならないので早めの9時にチェックアウト。宿の女将さんから栗のお土産を頂いてしまう。
でも、このまままっすぐに沼宮内に向かってしまうと10時半には到着してしまうので、まずは宿の周辺を散歩

ここが源泉!                     昔使っていた
露天風呂大浴場の跡

石塚旅館のもう少し上にもう一軒旅館がある
(森山荘です)  山の頂上のあの施設は何だろう?以前からの疑問。なんだろ?

ちなみにここは秋田駒ヶ岳の登山口にあたる。この周辺の温泉はどこもかしこも駒ヶ岳の登山口!つまりはどこから上っても駒ヶ岳に到着するわけ!
さて、散歩が終わったところでいよいよ出発!でも国道46号線に出るまでの道があまりにも紅葉がきれいなので
もちろん停車して撮影!
大活躍のメルセデスと共に!
通勤に使わなくなったから距離も延びなくなるなと思ったら大間違い。逆に延びてる。さすがにこれからは雪のシーズンなので冬眠じゃな。
ディーゼルだから軽油代が安いし、なんせ一本道ならリッター17qをマークする優等生ですからねえ
国道46号線に出て、まずはお土産購入のために道の駅「雫石」へ。ここで「グランブルー」さんは奥様のためのお土産をゲット!このところ「ブラッディー」が引っ張りまわしてしまっているので奥様には申し訳ない!
そのまま46号線を盛岡まで行って、4号線に入れば沼宮内までは1時間ほどで到着するのだが、・・・

こんなに天気もいいし!時間もまだまだあるということで滝の上温泉の源泉に行ってみようという話が急きょ浮上!46号線を八幡平方面に左折する。
雲がちょっとあるのもまたいいかも〜
走っているうちにこんなものを発見

これは何だ?                    拡大してみると山の中腹から虹のようなオーロラのような・・・
結局これが何なのかよくわからなかったが、こんなに幻想的な風景はめったに見られないであろう。
滝の上温泉に行くまでの間には「玄武洞」という玄武岩の岩肌があるということで
もちろん観光!自然の作った造形美はすごい!
しっかし月曜だというのに観光客が妙に多い!しかもみんな運転がへたくそ。とりあえず先行車は抜くことが原則(笑)
そして到着したのが滝の上温泉の源泉

紅葉の中に立ち上る湯気と青空の対比が見事!う〜〜ん、自然っていいなあ〜

もちろん周囲の紅葉も見事!           ホント、いつも天気に恵まれる!
ということで短いようで長く、長いようで短い48時間が終了!一路いわて沼宮内に向かって出発!

途中、ナビによってこんなけもの道に案内されたり
車幅ぎりぎり。木の枝がボディーにあたる・・・(悲)。

こーんなまっすぐな牧場内の直線道路を走ったり ちょっと雲が被ってしまった岩手山を見ながら
到着予定時間を30分ほど短縮して(笑)、沼宮内の出張先には11:30に到着!まさに予定通り!

ここで「ブラッディー」は仕事へ向かい、「グランブルー」さんは日本海周りで埼玉を目指して帰途に就いた。
総走行距離450qに及ぶみちのく二人旅はここに終了した。
「グランブルー」さん、お疲れ様〜!帰りも気を付けて〜
日本海周りのルート選択は完全にミス!時間ばっかりかかってしまった。私の埼玉帰着は午後9時。疲れた〜。途中の7号線は暴走トラックが多いので注意。奴ら公共の道路使って飯食ってるってのが理解できてないらしい。バカめ。
そういうやつにはバカめと言ってやれ!バカめだ!By沖田十三
気をとりなおして日本海の夕日。(画像提供「グランブルー」さん)
この頃、「ブラッディー」は前の週から何ら進展していないクライアントの会社にイライラしていたかも・・・そういうやつには・・・いやいや、言っちゃいけえねえ

ちなみに今回の温泉めぐり旅、交通費は別として宿泊費と酒代、食事代が1人当たり2万円以下。あとはお土産代のみ!
これだけの温泉を堪能して例えば二人で埼玉からずっと同行してきたとしても交通費込で4万円程度で済むはず。
ならば贅沢とは言えないのではないでしょうか?あ・・・時間の使い方は贅沢そのものですが・・・汗

いやー楽しかった。紅葉シーズンまっただ中でも北東北まで行っちゃうと道路も空いてますよね。旅館も湯治場系を選べば格安だし。確かに時間の使い方のみが贅沢かな。まあこれが一番難しいんですけど。
ブラッディーさん、ちなみに同行している間の交通費は¥
3,000/1人です。次回お会いしたときにでもよろしくです〜。
了解です!って・・・そんなに安いんですか?すげえ、2泊3日の温泉旅行を20000円強で過ごしてしまった・・・
また行きたい。
私も行きたい

 

旅行記トップへ

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー