Team SPIRITS HomePage
人生とは年輪と人は言う
そしてその年輪はパートナーと共に築くものであると僕たちは思う
Team SPIRITSは人、モノ、コトを大事にする人の集まりだと歳月が語っている

〜[C.B]の飯田線秘境めぐり2!〜
 

特派員NEWS投稿の常連[C.B]さんの「飯田線」の秘境めぐりシリーズ!
2014年に引き続き2015年も連載開始?
By ブラッディー

 8月2

ブラッディーさんのお言葉に甘えて(?)残り4つの秘境駅を目指しました。
帰りの暑さを少しでも避けるため、5時半に出発。
この時間だと車は少ないし蒸してないので快適です♪
R153で飯田を目指し、途中からR418へ。
R151との交差点を超えると途端に山深くなり、道路沿いにあるのが「かつら大滝」
すれ違いも難しい極狭路ですが、そこは幅を取らないスクーターの成せる技。
路肩に止めてゆっくり撮影できます♪
高さは6mほどですが、結構な水量で空気がひんやりしてます。
とここでトラブル発生!
エンジンが掛からない…
原因はスマートキーの電池切れ。
電池を外して温めたら何とか掛かりましたが、かなり焦りました(^_^;

何とかエンジンが掛かり、ホッとしながら進んで天竜川沿いへ。
間もなく現れるのが「天竜川大橋」
かなり年季の入ったトラス橋です。
橋の中央で停車して骨組みを観察。
(当然エンジンは掛けたまま)
『これぞ橋』って感じで結構好きです♪
渡りきって改めて見ると、狭さがよくわかります。
橋を渡って平岡の商店街に入ったので、電池売ってないかと期待したけど…
理容室の前で掃除しているおばさんに聞いたら
「電気屋にはあるはずだけど、今日は休みだなぁ」
コンビニなんて当然ないので、諦めて進みます。
集落を抜けて県道1号線へ。
飯田線の秘境駅に行くのに必ずお世話になる六角形です。
登ったところから振り返ると平岡の街が。
反対側にあるのは平岡ダム。
朝日に照らされて白くそびえてます。
ダム湖沿いは崖。今来た道を振り返ると…
結構怖い。。。
ナビはここを曲がれと言ってるけど、駅の表示は何もなし。
と言うか、案内標識には隣りの「平岡駅」が出てるし(^^ゞ
曲がるといきなりこんな道。
綺麗に見えるけど、真ん中に石やら小枝やらがあって、2輪にはこれが怖い…

駅は天竜川の対岸。
ところが橋の前には『車両通行禁止』の標識が…
駅へ向かう「天竜橋」は吊り橋でした!
実は写真中央(対岸側に)人がいます。
上流側には飯田線の鉄橋が見えます。
しっかりした吊り橋なので全然怖くなく、フワフワといい感じの揺れ方です。
中央から振り返って見ると、きちんと整備されてるのが良くわかります。
渡りきってもう1枚。
風の日はやっぱり怖いかな?

対岸にいたのは大阪から来たOLさんでした。
青春18切符で飯田線の秘境駅を回ってるそうです。
鉄女ではなく、秘境駅の静かな雰囲気が好きとの事。
橋から駅に向かう通路とトンネル。
普通にトンネルに入れちゃうけど、OLさんがいるので…
って入っちゃいけませんよ!
駅に向かう小さな橋は昭和35年竣工。
当時なら車も十分に通れる幅だけど、もしかしたら橋も車が通れる幅だった?
ホーム末端は10mほどレール材で延長されてます。
「秘境駅なんだから延長しなくても」と思ったけど、これがないと車掌が降りられないか?
吊り橋を渡ってたどり着くこの駅の名は「為栗」
これで「してぐり」とは読めません(^_^;
小さな待合室だけしかありません。
写真右奥に民家があり、駅の管理を委託されているようです。
電車がトンネルから出て来ました。
8時01分発の飯田行き普通列車が到着しました。
OLさんはこの電車で金野へ向かいました。

スクーターに戻るとやはりエンジンが掛からず…
今度は始動に15分も掛かり、この次は始動できるか不安になったので、
このままエンジンを止めずに帰る事にしました。

という事で、残り3つはまたの機会に紹介します(^^ゞ

旅行記トップへ

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー