Team SPIRITS HomePage
人生とは年輪と人は言う
そしてその年輪はパートナーと共に築くものであると僕たちは思う
Team SPIRITSは人、モノ、コトを大事にする人の集まりだと歳月が語っている

〜ぶら寺はりの米沢珍道中!〜

「ブラッディー」が関東に帰ってきて1か月半、今冬の青春18きっぷの旅は米沢行きを計画していたのだが、2012年3月の復興支援ツーリングで「龍上海カップラーメン」の美味しさに心惹かれた「harry」さんが「龍上海本店に行ってみたいなあ」とボソッ!そこでなんとSpirits初の「青春18きっぷ二人旅」が実現することに!
もちろん現地米沢ではSpirits米沢支部長、TeamYKK会長、Team過積載棟梁の3つの肩書を持つ「寺ちゃん」が迎撃!現地では2泊3日に及ぶ長行程での観光を実現!もちろん夜はTeamYKKとのコラボレーションによる夜会を開催!
さて、2012年12月22日〜24日の3日間、珍道中の模様をここに公開しよう!
ちなみに
赤文字は旅行記初のチャチャ入れ!「harry」さん、ありがとう

<参加者>

[寺ちゃん]:この人がいないと米沢支部は成り立たない存在感抜群の永年幹事
「島っち」:「寺ちゃん」と「シバッチ」の師匠!年齢を感じない豪快な50代
[みちよ」:TeamYKKの「女王様」!最近はもっぱら幹事を引き受け、落ち着いてきたという噂も・・・
[ひろみ]:今年度イベント参加率100%の新鋭。男を食うと言われる肉食系女子代表格
[まり]:天然ボケとはこの人!というほどのボケっぷりをかます既に孫持ちの永遠の少女
[まろっち]:Team過積載メンバーで「寺ちゃん」の親友。バイクレースに情熱を燃やす今回の最年少参加者
[harry]:ご存じTeamSpiritsの重鎮。今回無理やりYKKに引きずり込まれた全国区の【帝王】
[ブラッディー]:仲間のいるところには必ず出没する動いていないと死んでしまう男


12月22日(土)7:50川越出発〜8:13大宮(埼京線快速新木場行き)8:23〜9:27宇都宮(快速ラビット宇都宮行き)9:34〜10:25黒磯(普通黒磯行き)10:33〜11:37郡山(普通郡山行き)11:56〜14:43福島(普通福島行き)12:55〜13:42米沢(普通米沢行き)
今回は全行程を青春18きっぷで行くことになるので、事前に時刻を調べた。すると最も早く米沢に到着できる行程は上の乗り継ぎと判明!従って「ブラッディー」と「harry」さんは7:40に川越駅で待ち合わせ。なんせ、この乗継を逃すと次の米沢着は3時間も後になってしまうのだ!寝坊は許されない(笑)
ちなみにこの日の川越は雨!残念ながら家から駅までの道のりは雨の中を歩くことになる。しかし・・・この時使用した傘がこの後邪魔に・・・爆
もちろん二人とも時刻通りにJR川越駅に到着!早速青春18きっぷを取り出して、12月22日利用のハンコを押してもらう。
これが青春18きっぷ
では青春18きっぷについてちょっと解説しよう。このきっぷは春、夏、冬の学校の長期連休シーズンに発売される企画きっぷで、1枚で5日分有効11500円で全国のJR線乗り放題という格安きっぷ。しかしこの切符では各駅停車、快速などの料金不要の列車しか利用できない。特急などに乗る場合は乗車券も買い足さなければならないのでかえって割高になる場合もある。よって時刻表で緻密に計画を組んで旅行しなければならない。1人で5日間使っても良いし、複数人数で今回のように使うこともできる。今回は二人で使うので12月22日のハンコが2個押してあるわけ。但し、複数人数で利用の場合は一緒に行動しなければならない。改札を出る時も入るときも基本的に一緒に行動する必要がある。
このきっぷは1982年に「青春18のびのびきっぷ」と言う名前で国鉄が発売したのが最初で、以来30年にわたるロングセラーとなっている。ちなみに当時は4日間有効8000円だった。
これが当時の青春18のびのびきっぷ
「ブラッディー」のお宝箱から発見!今より全然立派!考えてみれば消費税が追加された以外はたった1割の値上げで2300円/日なのだからすごい。
よくまだ持ってましたね〜、って昭和57年??生まれてねえ・・爆

さて、話がそれたが無事に川越を出発した二人は大宮で宇都宮線に乗り換え。埼京線はつまらん通勤電車なので画像はなし!

E231系1000番台、快速ラビット宇都宮行き   もちろんグリーン車に乗る
各駅停車の旅とはいえ、750円でゆったりできるグリーン車は利用しないとソンソン!だって
飲みたいし・・・ちなみにこの画像はAM8:30・・・爆
毎回お決まりですね(
大宮出発時に「寺ちゃん」にメールしたのだが、なんと二人とも同時にメールを打っていた模様!どこまで考えることが同じなんだ?とりあえず時間通りに大宮を出発したことを伝える。
ゆったり座れるグリーン車の車内ではSpiritsの最近の話題に花が咲く!年末の房総はどうしようとか、新年会の運営方法だの、なんだかんだ話すことが多い(笑)1時間の道のりもあっという間で宇都宮に到着。すかさず乗り換える。
211系3000番台黒磯行き
以前は宇都宮駅ホームに喫煙所があったはずなのだが、どうやら禁煙区間が拡大されたらしく灰皿がない!二人はタバコを我慢して電車に乗り込む。この電車はロングシート(進行方向に向かって垂直に座る通勤電車のシート)なのでビールは取りやめ。でも、真向いに座っていたオジサンはイカ先らしきつまみとハイボールを持ち込んでずっと飲んでた(笑)
つまみ食った手をシートで拭いてるし・・
この電車でも話は尽きずにあっという間に黒磯到着!
次に乗るのは719系郡山行き
ここ、黒磯から先は交流電化区間なので必ず乗り換えが必要になるのだ。ちなみに黒磯駅構内には直流電車専用ホームと交流電車専用ホームがある。
ここで電車の表記について解説しよう。○○○系という3ケタ名称を大抵のJRの電車は使っている。100の位は電化方法を示していて、1〜3が直流電車、4〜6が交直両用電車、7〜8が交流電車、9が事業用車両や試作車という扱い。10の位は用途を示していて0〜3が通勤、近郊電車、4が事業用、5〜8が中、長距離電車、9が試作車を示している。最後の1の位はその系列の順番に振られる番号で、必ず奇数で系列付番される。つまり719系は交流の近郊型電車の5番目の系列(1,3,5,7,9で9は五番目の奇数)と言うことになる。一応豆知識ということで。
どこまでも続くブラッディーさんの解説に「へ〜、そうなの!」連発ですよ。
さて、この電車に乗り込んでからも話は尽きない!いつもツーリングで通る地名と同じ駅名があったりすると、すぐに思い出話に花が咲く。矢吹とか白河とかなんだか懐かしい。よってまたも1時間はあっという間に過ぎて郡山到着。
次に乗るのも719系福島行き
ここから先は駅構内が禁煙ではないので、ホームの喫煙所で一服!おっとその前に座席を確保。

確保したのはなんとトイレ前!背もたれが低い変なクロスシート。しかも進行方向逆向き。
ちなみに今回の旅行、妙に進行方向逆向きに座る回数が多かった。
笑えましたね^^;
また、この時点で「harry」さんのビニール傘は既に邪魔者と化しつつあった(爆)
傘をずっとキャリーバッグに挿しててもらっちゃってすみません!
郡山ー福島間もこれまた懐かしい地名が続出!二本松だの本宮だのツーリングで通過した地名が出てくるから楽しい。
そうそう、地名だけで話のネタになるから喋り止まらない(
ちなみに福島まで5時間かかっているのだが、なんかそんな気がしない(笑)
福島では乗り換え時間が12分あるのでさらに一服。すると「harry」さんが何かを発見して大笑いしている。
12:55発の次は15:56発!
そう、1本逃すと3時間電車がないのだ!なんせ福島ー米沢の各駅停車は1日6往復!新幹線つばさは最大24往復もあるのに!!
ここが青春18きっぷ最大の罠!乗り遅れは厳禁なのだ。
これが出発時間を早める原因なんですよね。しっかし笑えた!
ここからは719系5000番台米沢行きに乗る
ちなみになんで同じ719系なのに5000番台かと言うと、福島〜新庄間の奥羽本線は新幹線と線路を共用しているので、軌間が広軌になっていて、在来線の狭軌と違う。そこで専用の5000番台車が使用されているというわけ。
うんうん、勉強になります
ここで「寺ちゃん」に予定通り来ていることをメール・・・したら同時にメールが来た!またもや同じ時間にメールを打っていたらしい!昼食の話が出たので「食べていない」と返答すると、「では一緒に!」ということになる。
でもなんと2両編成なので車内は満席!従って立ったまま福島を出発!最もローカルなところでまさか立つことになるとは(笑)
ここまでは雪が全く見られなかったのだが、ここから先は有数の豪雪地帯を通過するので「harry」さんも車窓に興味津々。庭坂を過ぎるといよいよ峠に差し掛かることになる。
あっという間に雪景色!
途中の「赤岩」という秘境駅を「harry」さんに見てもらいたかったので「ブラッディー」が事前に話していたのだが、なんと赤岩駅をこの各駅停車は通過!!!見逃してしまう。
全く判らんかった。各駅停車に通過されちゃったらどうすんの?この話は後に続く。
福島ー米沢間の板谷峠は新幹線開通前は有名なスイッチバックが連続する路線だったので、その遺構があちこちにある。
これは大沢駅のスイッチバック遺構
 しっかり撮影しました!
峠駅では昔ながらの駅弁売りがホームに現れる。しかしたった30秒の停車では買える人もわずか。あと2分くらい停車してあげてもいいのでは?JRさん!
そうですよね
関根駅を過ぎると米沢盆地が広がる。一面の雪景色!
ということで川越出発後約6時間!米沢に無事到着

13:42米沢着〜龍上海本店〜高畠ワイナリー〜プラモ談義
時刻通りに到着した米沢駅の構内には

「寺ちゃん」がお出迎え!
やっと会えた!    早速撮られた(画像提供「寺ちゃん」)
早速記念撮影!
さて、合流したら飯!ということで「寺ちゃん」が向かったのは南陽市の龍上海本店!早くも「harry」さんの希望が叶うことに
米沢初登場の「harry」さんには助手席で景色を堪能してもらいましょう

もうワクワクですね

米沢から南陽市までは約20分の道のり。到着時間は14時頃と言うことで昼食時も終わって空いているだろうと予測。果たして?
並んでない!
この龍上海本店、2012年2月の「雪国派OFF」の際に「ブラッディー」は一度来ているのだが、なんとこの10か月の間に改築工事を終えてリニューアルオープンしていたのだ!

メニューは変わらない!「harry」さんと「ブラッディー」は味噌チャーシュー1100円、「寺ちゃん」は醤油味の赤湯ラーメン630円を注文
嬉しそうな顔してるわ(
やっぱりここの辛味噌チャーシューメンは美味い!
ラーメンと二人((画像提供「harry」さん)
「寺ちゃん」の注文した赤湯ラーメンもちょっと食べさせてもらったのだが、これもまた美味かった!やはりここのラーメンはわざわざ食べにくる価値がある!
これはね、本当に美味かったです。ニンニクが効いた辛味噌はカップ麺がかなり再現していたけど、麺がまるで違う。太さに驚きました。その麺とスープが絶妙に絡んで美味!太さにも訳があるんですね。
寺ちゃんの醤油ラーメンも少し頂きましたが、さっぱりしているのにちゃんとコクも出ていて流石なお味。次回行ったら両方頼みそう(

前は店の前につながれていたワンちゃんは小屋の中に・・・顔がデカすぎて可愛い(
満腹になったところで米沢に戻ることになる。その途中、高畠ワイナリーと言うワイン工場があるということでちょっと立ち寄り。

何度も米沢には来ているが、「ブラッディー」もここは初めて(右の画像提供「寺ちゃん」)

館内には展示室や                 ワイン工場の見学通路
売店などがあり、もちろん・・・

試飲もできる♡                    「寺ちゃん」の許可が下りたのでちょっと試飲・・・
全種類試飲しましたが、みんなちょっと甘過ぎかなあ?

いい気になって飲む二人(両方とも画像提供「寺ちゃん」)

やはり果物の名産地だけあってここのワインは濃厚な味わいのものが多い!コンクールでも賞をかなりとっているらしい。
ここでちょっとしたつまみやワインを買い込んで「家飲み夜会」に備える。
お土産を物色中、「チーズのトマトソース漬け」と「カレー風味のトマトソース」があったんですが、何かがおかしい・・中の具が違う・・
よく見ると、商品プライスカードと商品が逆になっているのに気付いて寺ちゃんと陳列を直してあげました(

ワイナリーを堪能した3人は米沢に戻って「寺ちゃん」の自宅に向かう。・・・とその前に米沢最大の模型屋さんに立ち寄り!「寺ちゃん」はなんと前日発売のタミヤ1/12HRCホンダNSR5001984を衝動買い!しかもメタルパーツのオプションまで購入!しっかし・・・1/12のバイクのプラモデルが5000円もすることにビックリ!こりゃ子供のおもちゃじゃなくなってるわ。
宇宙戦艦ヤマトのプラモに心躍る二人(画像提供「寺ちゃん」)
旧製品と再販品が当時のままの金額と現在の金額で混在するのは一種異様な光景でした。これが普通なのかな?宇宙戦艦ヤマトシリーズは懐かしかった!
その後コンビニで買い出しを済ませて「寺ちゃん」宅に到着したのは17時。夜会が19時からなのでしばしまったりする。
まったりの時間、「ブラッディー」の目に留まったのはこれ
寺ちゃん工房!
なんだか持ってる工具やら塗料が「ブラッディー」と同じ!リューターまで持っているのには唖然。そしてこの工房から生み出された作品が

ほぉ〜                        へぇ〜

はぁ〜                        ふぅ〜

ひぃ〜〜                      だぁ〜〜〜!
ちなみに4月にお邪魔した時には1台も存在しなかったはず・・・2台/月ペースか?
しかもバイクに関しては高圧ケーブルの追加、ディスクローターの穴あけ、一部インテークのメッシュ化など凝りに凝ってる!本人は「手のリハビリのため」と言っているが、リハビリはもう済んでます、ハイ!
これが現在制作中のモデル・・・見えないとこまで・・・はぁ〜〜
こんな調子だから模型作成工具やら塗装方法やらの話で「寺ちゃん」と「ブラッディー」はマニアックな会話を連発。「harry」さんは・・・ただ唖然と見ているばかり・・・当然だわな。
昔はそれなりに作ってたけど、工具といえばドライバーとカッターくらいであとは塗料のみ。レベルが違いますね・・
さて、18時になるとTeam過積載のメンバー「まろっち」が郡山より到着!18時半には夜会会場へ出発する。

19:00夜会
今回も夜会会場は「みっちゃん」が予約。元々はお寿司屋さんだったという

「はまや」                      え?準備中?              あ、営業中だ!笑
逆側の縁には「準備中」・・たぶん店の中からそこを見て確認するためなのかも
さて、この日集まったのは8名!なんと2時間飲み放題の宴会料理付で3500円/人!海鮮鍋あり、鮨あり、焼き鳥あり、ピザあり何でもありありデザートあり!というボリュームで!これは首都圏では考えられない安さ!

ということで最年長の「島っち」が乾杯の音頭!(右の画像提供「寺ちゃん」)

でも「かんぱ〜い」と言っただけだったような・・・笑
島っちさん、すごく良い人でした!
この日の話題はすごかった。なんせ米沢初登場の「harry」さんの仕事のことやら、Spiritsの今までの逸話やら、YKKの過去エピソードやら、過積載メンバーの逸話やら・・・・「米沢に集まっている」というだけで現在の仕事もバラバラの8名が集まっているわけだからなあ。
「ひろみ」さんはお気に入りの「harry」さんと「まろっち」に囲まれて上機嫌だし、「まり」さんは毎回エスカレートしつつあるボケっぷりを振りまいているし、「島っち」さんはいつもながらの底抜けの明るさだし・・・最年少の「まろっち」さんはただ唖然?女王様「みっちゃん」が霞むほどの大騒ぎ・・・

まあまあ「harry」さん飲みねえ・・・        俺は語るぞ!By「島っち」(両方とも画像提供「寺ちゃん」)

なんか東山温泉で女3人で珍道中したとか、「島っち」や「まり」さんの家の近くに狐が出たとか、「寺ちゃん」が実は今年一度入院していたとか・・・話題が豊富過ぎる!
鍋奉行が女性っていうのもこのメンバーならではであろう・・・
遊びの話、過去の逸話、会社の話、様々な話題が沸騰した2時間はあっという間に経過し、21時に1次会終了!
「寺ちゃん」の締めの言葉でお開き・・・
なわけがない!家庭の事情でここで帰宅する「島っち」を除く7名は2次会へ。「みっちゃん」に言われるままにタクシー2台に分乗して向かったのはラウンジキャロットという静かなバー・・・静かなバー?このメンバーで行っても大丈夫なのか?
そこで出てきたのが
「みっちゃん」持参のケーキ!
クリスマスまであと2日と言うこの日、クリスマスパーティーとしゃれ込もうというわけ!しかも持ち込みで(爆)

接写する「寺ちゃん」                と、その撮影画像(画像提供「寺ちゃん」)
しかもこの7名のうち3名、「まり」「まろっち」「ブラッディー」は12月生まれ!誕生祝も兼ねて盛り上がる!
このケーキに40数本のロウソクは・・無理だったね(
さらに・・・
マスターにケーキカットまで頼む(笑)
さて、ケーキ食べたから帰ろう・・・ではなくて
かんぱ〜い!
ちなみにケーキ食べ終わるまで飲み物注文していない7人!我が物顔もいいところ・・・
でも、クレヨンしんちゃんやガリレオ先生の物真似だの騒いでいるのが妙に他のお客さんに受けていたらしく、帰りがけに声をかけてくれる人までいたりして・・・

あちこちで話に花が咲くもんだから全然覚えてない(画像提供2枚とも「寺ちゃん」)

あっという間にさらに2時間が経過して23時にお開き!静かなバーは単なる居酒屋に変貌してしまったかもしれないが・・・まあまあ
ぎゅうぎゅうづめのエレベーターに乗り込む
最後に記念撮影(画像提供「寺ちゃん」)
あ〜〜〜楽しかった〜!

さて、女性陣3名と別れた男性陣4名は「寺ちゃん」宅へ戻って3次会!
「寺ちゃん」が高畠ワイナリーで仕入れたワインで乾杯!
もはや何を話したかよく覚えていないが・・・とにかく笑い転げていたことしかわからない(爆)
うん、かなり覚えてない(
午前3時ごろまで騒いでいたのだけは記憶している
こんな画像が残っていたからこれは事実なのであろう・・・
ちなみに下に「寺ちゃん」 、上に「harry」さん。襲っていると思われる。
だいぶ覚えてない(

12月23日(日):9:00起床〜大石田七兵衛そば〜柳川温泉
この日の米沢地区の天気予報は雪のはずだった。前日3時まで飲んでいたメンバーは(というより「ブラッディー」は)もちろん最後まで寝続けていた。なんせ用意してくれたホットカーペットと布団が快適すぎる!
んで、「ブラッディー」が目覚めた9時半にはみんな既に起床して出発準備を整えていた。

爽やかなみんな!                 「寺ちゃん」がコーヒー入れてくれました
「harry」さんはお握りの朝食!ちなみに3つ目(爆)
結局11時ごろまでうだうだと過ごしてようやく出発!「まろっち」はこの後予定があるとのことでここでお別れ。
3人は

「寺ちゃん」号で一路北へ向かう。3人が向かったのは山形よりもさらに北、大石田にあるそば屋さん七兵衛そば!なんせ60q以上あるので2時間はかかる道のり。

それにしても青空と雪景色のコントラストがきれい!蔵王もめちゃめちゃきれいに見える!
あれ?この日の米沢の予報って雪じゃなかったっけ?・・・またしてもやってしまったか移動性高気圧?
従って「harry」さんのビニール傘は「寺ちゃん」宅でお留守番(爆)
山形市内で見つけた看板!私のための模型屋さんってわけね

こんな景色見ながら走るってのは気持ちいい〜
途中、道の駅村山で小休止した後はいよいよ豪雪の次年子そば街道へ!この街道は13軒のそば屋さんが立ち並ぶ全国有数のそば街道。しかし山の中にあるので

豪雪地帯!                     木々には霧氷が!

都会の人間にはため息の美しさ

雪の全くない村山地区からたった15分でこんな景色になっちゃう
地元の人にとっては大変なんでしょうけど、やっぱり美しい光景ですね
七兵衛そばに到着したのは13時。いつもは並んでいるお店らしいのだが・・・

誰も並んでない!                 店の前の豪雪はこんな感じ
さて、なぜ「寺ちゃん」がこの七兵衛そばを選んだか?
このお店、「何名様ですか?」とは聞かれるが「何になさいますか?」とは聞かれない。なぜならメニューは「そば」しかないから。しかももりそばしか存在しない!しかし・・・
この前菜の多さを見て!
さらにこのお店「食べ放題」なのだ!そばはお椀に入って勝手に出てくる。男性の場合はどうやら3杯が定番らしく、3杯まではほぼ無条件で出てくる。客は「いらない」と言わないと持ってこられちゃう(爆)
腰の強さが特徴のそばなので、2杯目、3杯目になると腹の中で膨れてきてかなり苦しい。ちなみに「寺ちゃん」はかつて5杯を平らげて、帰りのバイクの運転が苦しかったのだとか。

「ブラッディー」と「寺ちゃん」は3杯を完食!   大満足の二人にピースサイン
黙々と食う(画像提供「寺ちゃん」)
しかし・・・・つわものはいた!なんと3人とも3杯を完食した後で「harry」さんがボソッ
「もう1杯は軽いな」
なんと4杯を完食!痩せの大食い?
この蕎麦、他の十割り蕎麦と比べるとかなり瑞々しく、細くないコシのある麺なので食べごたえがあるのにどんどんイケる。汁との相性も良くて美味!
ちなみにこのお店、前日の22日は臨時休業だったのだそうな。なんてついているんでしょう、我々は!ビックリでしたね〜
食べ放題で一人1050円!これは安い!
二人ともブーツだから履くの大変なのよ(画像提供「寺ちゃん」)
腹いっぱいになったところで次に向かって出発!そば食べたら温泉でしょう!ということで向かったのは左沢(あてらざわ)の奥にある柳川温泉。
次年子からは30q以上離れているので、再び雪道を1時間走ることになる。

しっかしこの日は天気が最高!月山もしっかり見えたし、渓流の流れも美しい!
さて、到着した柳川温泉は昨年の東日本大震災で源泉がふさがってしまい、新たにボーリングをし直して源泉を復活させたのだそうな。しかも源泉かけ流しの硫黄泉は泉質抜群!しかも料金300円!

復興の象徴かもしれない!            宿泊できる宿も完備している

ちょっとしょっぱい?                もちろん源泉かけ流し100%!(画像提供「寺ちゃん」)

雪見露天がいい感じなのよ〜          気持ちよか〜〜!(画像提供2枚とも「寺ちゃん」)
ここ、1時間ほど滞在したのだが、温度も最高!特に露天風呂はこの季節頭寒足熱で本当に気持ちいい!温泉を上がると肌はつるつるに!
個人的にはここが一番気に入ったかも。長湯できるし。
ぽかぽかになった3人は米沢に向けて出発!この頃からようやく天気予報通り雪が降り出す。帰路は長井を通過して40q程の道のりを帰ったのだが、「ブラッディー」はほぼ全行程を
撃沈状態。「harry」さんと「寺ちゃん」は猫の話題で盛り上がっていた・・・らしい(笑)
寺ちゃんとネコの話ができるとは思わなかったので盛り上がりました()寺ちゃんの家に居着いたネコに会いたかった〜

18:00夜会@なみかた羊肉店〜寺ちゃん宅で2次会
この日は外で飲むのはやめて食事だけして帰り、「寺ちゃん」宅で家飲みしようということになる。肉が食べたいということで焼肉に決定!「寺ちゃん」が案内したのは米沢と言えば米沢牛!ではなくてジンギスカン!
ここ、米沢駅近くのなみかた羊肉店
お肉屋さんの2階がレストランになっているのだ!捨ててしまうような肉を味噌だれで味付けして焼肉として出したのが始まりだそうで、その味つけが評判になって米沢の隠れた名店となったんだとか。
ちなみに米沢牛はしゃぶしゃぶにすると最高なのだが、ステーキや焼肉にするにはもったいない。第一しゃぶしゃぶは一人前5000円は下らない。我々には高嶺の花!
真剣にメニューを選ぶ・・・ふり(爆)
もちろんメニューの発注は「寺ちゃん」に一任!ここは豪勢に一番評判の高い「義経焼」というジンギスカン肉を3人前発注!

これが義経焼!ラム肉たっぷり!         もちろんキャベツを敷いたうえに肉を乗せて焼く

これに日本酒をかけて味を調えると、柔らかくて絶品の焼肉が出来上がる!
と言うことで乾杯!もちろん「寺ちゃん」はノンアルコール
このジンギスカン、めちゃめちゃ美味い!3人とも箸が休まることなく一気に焼いて食べる・・・30分後
完食!この後は猫も寄り付かない・・・
これだけ食べて飲んでも5000円かからないという安さ!米沢グルメ恐るべし
この肉、本当に美味かった!みんなで食べたから余計ですね。
腹いっぱいになったところで「寺ちゃん」宅に戻る。もちろんここからが夜会本番!なんせ時刻はまだ19時半!
かんぱ〜〜い!
この日の話題もめちゃめちゃ多岐!なんせ「寺ちゃん」宅にやってくる野良猫の画像だけで1時間は楽しめたし、大河ドラマ「平清盛」のことでも45分は楽しんだ。「ブラッディー」の母の実家宮崎にある地名「トロントロン」がまだあることを確認したり、昔のオフレポで記憶の糸を手繰ったり・・・。
なんだかんだ言って結局0時まで飲み続けた3人!5時間話し続けるっていったいどういうネタの数持ってるんだ?
ということでこの日は0時には就寝。翌日に備えることにする。
家飲みって、このマッタリ感が良いんですよね〜。気持よく酔えました。

12月24日:7:30起床:福島スカイパーク〜赤岩駅〜高湯温泉玉子湯〜「えなみ」でラーメン〜会津若松
前日にいろいろと話をしていてこの日の予定はほぼ決まっていた。「寺ちゃん」のタイムスケジュール的には10時に出発と言うことだったのだが、前日早めに就寝したおかげでみんな8時までには起床!もちろん最後まで寝ていたのは「ブラッディー」!
前日の雪が積もって一面雪化粧の米沢
しかし・・・この日も朝は晴れていた!どこまでも天気予報を覆す我ら(爆)
早起きしたから早く行動開始するか?と思いきや・・・
こんなDVDを楽しんだりする
これ、男鹿半島の突端で売っているUFOの実撮影動画と称するDVD。なんと1500円!
よく見ると「寺ちゃん」曰く、自衛隊の夜間曳光弾演習の曳光弾がUFOみたいに見えているだけではないか?との話。延々その光を、悪い画質で追っているだけ・・・。売っている方も売っている方だが・・・買った方も相当な物好きだ(爆)
朝から大笑いした後で9時半に出発!まず向かったのは福島の高湯温泉にある玉子湯!前日の夜に「白濁硫黄泉に入りたい」と「ブラッディー」がリクエストしたので「寺ちゃん」が連れて行ってくれることになったのだ。
再び降り出した雪の中を福島に向かう
高湯温泉までは本来1時間ほどで到着するのだが、県境の栗子トンネルを抜けたあたりで「ブラッディー」がとんでもないことを言いだす。
「赤岩駅ってこの辺だよね」
そう!往路に各駅停車で通過されてしまった秘境駅「赤岩」を見に行こうというのだ!すると
「そう!この山の向こう側だよ」
と「寺ちゃん」!ここで経路変更!赤岩駅を経由してゆくこととなる。そこに行く途中には福島スカイパークと言う飛行場があるのでそこにも立ち寄ることとする。
福島スカイパークは福島県で収穫された新鮮な野菜を都内に届けるために、福島県が鳴り物入りで作った空港だが・・・

使われている気配はない・・・以上!       

しっかし何もねえなあ・・と「ブラッディー」    これだけ?と呆然とする「harry」さん(両方とも画像提供「寺ちゃん」)
「寺ちゃん」曰く、大いなる税金の無駄遣い・・・ここ活かそうよ〜福島県知事さん!ここと温泉地のピストンバスでも運行したらいいと思うんだけどなあ。
この広大な土地、勿体ないよねえ・・
さて、気を取り直して赤岩駅に向かう3人。しかし、県道を横道に入るとだんだんすごいことになってくる

まずは道が細くなる                続いて道が凍結する

人の代わりに猿が住んでいる部落が現れる   3ナンバーの車は絶対に通れなくなる

軽自動車でも切り返さないと曲がれないヘアピン!やっと線路が見えてくる

ものすごい急坂を下り               下りてみると両側にホームが・・・?
そう、降りた場所は廃線になった旧スイッチバック駅の跡地!
ということで絶対にSpiritsメンバーのクルマでは入れない赤岩駅に到着!駅の待合室に行ってみると

「すべての列車が停車しない」駅!?      でも、旅行者がいろいろ足跡を残してる
ちゃんとノートもあるのだ(画像提供「寺ちゃん」)
まあ、ここまでの道のりを見れば冬季に列車が停車しないのも当たり前か?なんせ人が住んでいると思われる家は1軒しかないのだから・・・。
つまり誰も足を踏み入れていない駅と言うことで

うわー!真っ白〜                 足跡一つない!
雪も激しくなってきました(画像提供「寺ちゃん」)

足跡つけちゃうもんね〜             旧線の跡がトンネル左に見える

足跡つけまくる二人                どこまで行くんだ〜〜(画像提供「寺ちゃん」)

「harry」さん、柵の外に出たら落ちるよ〜    赤岩駅は我々のものだ(爆)
(画像提供「寺ちゃん」)
さて、ここで時刻表を調べると福島発11:30に山形新幹線つばさがあるということで、せっかくだから待って撮影することとする。
その前に・・・ちょっと用足しなどをしつつ待つ!
決定的瞬間を「寺ちゃん」は見逃さなかった・・・(画像提供「寺ちゃん」)
11時40分に

来た!                        行った!
この画像、「harry」さんにピントが合っていて幻想的!(画像提供「寺ちゃん」)
運転手さんもビックリしたであろう。なんせ「この日は停車する列車がない駅」に人がいたんだから・・・爆

ブラッディーさんが迎え撃ち、寺ちゃんが後を追う(

さて、赤岩駅を満喫した3人は再び酷道を元に戻ることとする。その模様は「harry」さんが動画撮影していたので、新年会などで公表されるであろう。
すまぬ!間違って消去しちゃった(

まずは旧線ホームの間を走り抜け        旧線のトンネル跡を横目に見ながら
急こう配を4WDLOで登りきる!
ジムニーでなければとてもできない芸当だわ。
いや〜、すごい秘境を見せてもらいました!一人じゃ絶対行けない!寺ちゃんありがとう。
さて、酷道から再び高湯温泉に向けて上る道路に復帰し、庭坂を通過中に突然「寺ちゃん」がクルマを止める。指差した先には

ん?瓶のサイダーの自販機? しかも数本がセットで売ってる。
看板には「各地の珍サイダー」!(画像提供「寺ちゃん」)
んで中身を見てみると

かすていらサイダー?               スワンサイダー?
セピアのしげき?
これ、日本全国の珍サイダーを集めた自販機!珍百景にも出たそうなのだが、買う人いるのかねえ?
買おうとしたけどバッグに入らないから断念しました(
「鍵のかかっていないところは不審物の可能性があります」って書いてあったけど、この自販機そのものの存在が十分不審なのだが・・・笑

さて、福島市内では雪が積もっていなかったのだが、高湯温泉に向かう峠道は
やはり雪深い!ちなみに外気温は-3℃
そして12時過ぎに高湯温泉玉子湯に到着!
ここは宿泊客メインの温泉なので、日帰り入浴は10時から14時まで。1時間以内の時間制限がある。料金は700円と高めだが、そんなことも


この佇まいですべて許せちゃうでしょう!    記念撮影〜(画像提供「寺ちゃん」)
しかも内湯が2か所、外湯は男女別2か所で一つは露天、さらに女性専用の露天と、足湯があるのだ!
我々はまず外湯の中でも露天ではないほうにGo!

おおっ!白濁硫黄泉の王道!          注意書きがすごい・・・一人で入浴しないこと・・・
要は成分がきついので、一人で入浴して倒れてしまうようなことがあるのを心配しているのだ!
では

入浴〜!                      こちらの画像提供「寺ちゃん」

ここのお湯、もういうことなし!体にしっとりとまとわりつくお湯の柔らかさといい、玉子の香りといい、心から温まる泉質は最高!一生入っていたい(爆)

あ”〜〜〜〜                    あ”〜〜〜〜〜(両方とも画像提供「寺ちゃん」)
でも注意書きにあったように10分以上の入浴を避けるよう言われているので、何度か出入りして再び服を着て今度は露天へ。風情のある路地を歩くと

源泉や                        女性専用露天風呂の先に

男女別露天風呂がある               ちなみにその先には足湯
「寺ちゃん」は人がいなければ足湯にも寝転がってつかるらしい(爆)

そしてこれが露天風呂!              雪見温泉の醍醐味ここにあり!

雪の降る中の白濁硫黄泉なんて・・・幸せ!(両方とも画像提供「寺ちゃん」)
最高ですよこれ
まったりとお湯につかって大満足の3人はロビーでしばし休憩
ロビーからはこんなに風情のある風景が展開されているので

呆けている二人と                  温まりすぎて雪の中で半袖の「ブラッディー」
さて、時刻は13時半。昼食をとろうということで出発する!なんせその間も雪は降り続き気温がどんどん下降中

つらら出来てるし〜                路面真っ白だし〜
当初の予定ではこのまま会津若松まで出て、西会津の有名な巨大かつどん屋さん「むら井」に行く予定だったのだが、「むら井」の営業時間が14時までと言うことで、行先を福島に変更!「寺ちゃん」お得意のミシュランガイドから選抜したラーメン屋さん「えなみ」に向かう。

これが「えなみ」。福島IEONのすぐ近くにある。最近できた店なのに人気が高く、この日も2組行列を作っていた。我々も並んでようやく昼食にありつく。時刻は14時

左は「ブラッディー」の注文した鶏塩ラーメン。右は「寺ちゃん」の注文した醤油味の中華そば
この店はこのほかにつけ麺も美味しいらしい。チャーシューは溶けるほど柔らかく、スープの味も絶品!やはり「寺ちゃん」のおすすめラーメン店は間違いがない!ちなみに「harry」さんはさらに餃子も注文!
これもまたかなり美味しい!(画像提供「寺ちゃん」)
全然違うんだけど、スープの後味が何となく京都の「天下一品」に似てた気がして不思議な味でした。チャーシューは龍上海より格段に好み。ワンタンも美味かった!
さて、満腹になった3人は日没までの到着を目指して会津若松へ向かう。鶴ヶ城の赤い瓦を見ようという予定!当初予定していた武家屋敷には閉館までにたどり着けそうにない・・・。

土湯峠を越える!                 アイスバーンの中を安達太良山に向けて激走!
この日の気温は本当に低く、土湯峠では-5℃!この気温は猪苗代に下りても変わらなかった。しかし、温泉でまったり、ラーメンでぽかぽかの「harry」さんは
後部座席で撃沈zzz(画像提供「寺ちゃん」)
これだけ食っちゃ寝してたら太るわな・・爆
この間、「寺ちゃん」と「ブラッディー」は過去のYKK秘話で大騒ぎ!なんせこの辺りはYKKイベントでは庭のような地域。思い出の場所がたくさんあるのだ。
しかし山越えの道はすごかった(笑)

猪苗代に近づくにつれて徐々に天気が回復してくる!
国道49号線に合流する前に一度寄り道してこんなものも観光
これは見弥の大石という石で、磐梯山が噴火した際に落ちてきた火山岩だそうな
重要文化財に指定されているらしい。
これは大迫力でしたねえ。自然の力は凄い。
猪苗代スキー場では既にゲレンデがオープンしていて、スキーヤーが滑りを楽しんでいる脇を通過!ほとんど凍結している路面を滑りながら急降下し、国道49号線へ合流。

夕暮れの白銀世界は幻想的            猪苗代湖を見るころには日没近くなってしまった
会津若松市内に入るころにはすっかり日没を迎えてしまったので、鶴ヶ城の赤瓦見学は次回に取っておくことにした。また来る機会もあるさ!

会津河東から見下ろした会津若松の市街はきれいなのだが・・・ちょっと暗すぎかな〜
「寺ちゃん」に会津若松駅まで送ってもらい、到着したのは17時!17:14発の快速に間に合いそうだったのでここで解散とする。

すっかり暗くなった会津若松           ありがとう!
ありがとう!「寺ちゃん」!本当に楽しい3日間でした〜
(画像提供「寺ちゃん」)
ちなみに「寺ちゃん」はこの後喜多方を経由して山越えで米沢に向かったのだが、途中に横転している軽トラックに遭遇!その救出を手伝ったのだそうな。幸いけがなどはなかったとのことで一安心!しかし・・・いろいろあるねえ〜

17:14:会津若松出発〜13:13郡山(快速あいづライナー6号郡山行き)18:21〜19:23黒磯(普通黒磯行き)19:31〜20:21宇都宮(普通宇都宮行き)20:38〜21:41大宮(快速ラビット上野行き)21:44〜22:04川越(普通川越行き)
さて、再び各駅停車の旅で川越に戻る「harry」さんと「ブラッディー」は、ビールとつまみを買い込んでホームへ向かう。すると・・・

なんとあいづライナー6号は485系特急型電車での運転だった!しかも後で調べてわかったのだが、通常はリニューアルされた東武直通用の485系が運行されているところを、日本にたった4本のみになった国鉄特急色の車両で代走したのだそうな。これは貴重な体験かも  
これはすごかったですね!

ちなみに車内は完全にリニューアルされていて、シートピッチは足が延ばせるほど広い!これで料金不要なのだから最高だ!
ということでビールとチーズで乾杯!
スモークチーズは「寺ちゃん」が高畠ワイナリーでお土産にと買っておいてくれたもの!ありがとう、「寺ちゃん」!めちゃ美味しかったです!
ビールを1本づつ飲んだ二人はすわり心地のいい座席と酔いにしばし撃沈zzz・・・気が付くと郡山に到着!
ここでタバコを吸っておかないと、この先はなかなか吸えないということでホームで一服。12分の乗り換え時間を有意義に過ごし、続いて黒磯行き各駅停車に乗り込む。
719系電車黒磯行き
郡山からはかなり混んでいたのだが、泉崎付近ではガラガラに・・・。でも二人の会話は延々と続く。なんせ3日間しゃべりっぱなしなのにまだ話題が尽きないのだからすごい。
そう言えばこの電車に乗っていて感じたのは、黒磯以北、福島までの電車の中には妙に美人が多い。高校生とかも「可愛い」んじゃなくて「美人」が多いのだ。これって土地柄なのかなあ。お国ことばで話をするところがまた愛嬌あっていい!
さて黒磯での乗り換え時間は8分ほど。でも一服しようということで駅員さんに聞いてみると「構内ではだめだけど外に出たら大丈夫」というので駅の改札を一度出て、
駅前のクリスマスイルミネーションを見ながら一服
ここから211系電車で宇都宮まで移動したのだが、この日はクリスマスイブ!各駅では必ずイルミネーションが光っているのが面白かった。
宇都宮では乗り換え時間が17分もあるので、買い出しがてら一度改札の外に出て一服。駅の西口に目ざとく喫煙所を発見し、しばし休憩。さらに売店でビールとサンドイッチを買い込んで

もちろんグリーン車に乗る!           そして乾杯!
行きは1階席に乗ったので、帰りは2階席!夜だから見晴らしは期待できないんだけど、まあ気分ってことで!
結局郡山からは一睡もせずに話し続けた二人!あっという間に大宮に到着。川越線に乗り換えて22時過ぎには川越に到着。会津若松から5時間と言う時間が信じられないくらいあっという間であった。

まずは今回本当にお世話になった「寺ちゃん」にお礼を言いたいと思います。毎回毎回米沢では本当にお世話になりっぱなしですみません。もっとお礼しなくちゃいけないところなんですが、いつも大したお礼もできなくて・・・
この借りは関東にお越しの際にぜひさせていただきますので、遠慮なくいつでもいらしてください。
そして初の「青春18二人旅」にお付き合いいただいた「harry」さん、お疲れ様でした。なかなか面白いでしょう?各駅停車の旅も!片道5時間〜6時間が二人でいるおかげであっという間でした。電車でGo!また企画しましょう!
さらにYKKメンバーの皆さん、本当に楽しい時間をありがとうございました!来年も今年のペースを維持しつついろいろなところで遊びましょう!関東にお越しの際にはぜひお声掛けを!
3日間本当に満喫しました!寺ちゃんにはずっとお世話になりっぱなしでしたし、一緒に連れて行ってくれたブラッディーさんに感謝!
貴重な体験もできたしYKKのみなさんと一緒に飲みたかったことも叶ったし、言うこと無しの週末でした。
みなさんありがとう!また是非お会いしましょう!
しっかし、道中よく喋ったね(

さて、この旅行記を読んでいるあなた!本当に楽しいですよ〜青春18きっぷの旅も米沢と言う地の観光も!
これを参考にぜひ遊びに行ってみてください!日本にはまだまだ楽しむところがたくさんありますよ〜

旅行記トップへ

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー