Team SPIRITS HomePage
人生とは年輪と人は言う
そしてその年輪はパートナーと共に築くものであると僕たちは思う
Team SPIRITSは人、モノ、コトを大事にする人の集まりだと歳月が語っている

〜[yutaka-s]の 最強のコースへ・・・さすらいツーリング!〜
 

[yutaka-s]さんが2015年7月27日にソロツーリングに行ってきた特派員NEWS記事がなかなか面白い!
ツーリングコースとしても参考になりそうなので、勝手に旅行記にしちゃう!
By ブラッディー

皆様、お疲れ様です。27日(月)に最強と自負するコースへツーリングに行きましたのでご報告です。


先日、不具合箇所の修理、点検、タイヤの全とっかえをして安心して走れるようになった我が熱きイタリアンスクーターのMP3。
300kmを超す長距離なので朝6時30分に出発。ところが休日には無いであろう通勤ラッシュに行く手を阻まれ…

休憩ポイントの草木ダムのいつものドライブインまでなんと2時間もかかりました(汗)
なめてました、平日を…皆さん、お仕事ですからね…

が、銅山街道である122号はそこからほとんど通る車はないくらいに空いていました。まー気持ちよく飛ばせますね。さすが平日です。
ということで中禅寺湖まであっという間。お天気も良く、最高です。
さて自負する最強のコースですが、銅山街道(大間々からの122号)→いろは坂→金精峠→片品→尾瀬→奥水上に抜けるというものです。
とにかくこれでもかというほど高速コーナーや細々したテクニカルコーナーのオンパレード。途中の鳩待峠から分かれる道は幅が狭く、車は気持ちよく走れませんが、バイクは天国かと思われます。
そしてそして最後、温泉で締めくくるというもので極楽過ぎます。実際毎年1回は必ず出向く程の熱愛コースとなります。


白根山に上る登山口、菅沼口の峠の茶屋。ここは【すいとん】が有名ですね。今回のコースで一番標高が高いはずなので、一番涼しい(寒いくらい)の場所です。
ここで【すいとん】ではなく、うら若き美女2人に遭遇。居るところには居るんだと思いました(汗)こんなところで何しているんだろう?とサングラス越しにストーキングしていました(爆)がなんと菅沼口に戻って行ったところを見るとトイレでここに来たみたい。
それにしても時間はちょうど10時ジャスト、私もこのコースで白根山に登山をしましたが、早朝出発しないととてもじゃないけど無理なはず。
山ガールの格好もしてたし、気になります(はい、2人ともとにかく美人だからです…)

それとツーリング情報ですが金精峠は冷えますので、防寒着は必ず持って行きましょう。

この時期の服装。本来もっと攻撃的なバイクに乗っている方はちゃんとしたジャケットを羽織っていますが、私の様に暑いのが嫌いでゆるいライダーはどの方もTシャツを着て肌を露出している人が多いですが、後で痛い目をみるのが日焼け。
私は最近水遊び用の通気性抜群で99%紫外線を遮断する極薄ジャージを買いました。これがとにかく優れもの。次の日に疲れや痛みを残さないのが大人のさすらい流儀です。

さて、コースに戻りまして、金精峠から沼田に抜けるロマンチック街道を右折して尾瀬方面に向かいます。この目立つ大きな吊り橋が目印。ここから更に(平日は)通る車両が少なくなります。

スキー場やら尾瀬の湿原に行く方のメジャーな道ですが、ここから左に入って鳩待峠方面に行きます。
今まで交通規制に遭遇したことがないのですが、実は先週(温泉のベストシーズン最終日と思われる)はその規制日だったので断念しました。行く時は絶対にネットなどで確認しなけらばなりません。

鳩待峠の駐車場から分岐して奥水上方面に向かいます。とにかく楽しいコースでバイクは絶対に楽しめるはずです。特に最後のゆるいダウンヒルが続くテクニカルコースは走っていて笑いが止まりません。が、ここも人気の景勝地ですので休日は人が多く危険ですから気をつけましょう。平日は天国なんですが…

楽しいライディングを終えるとちょうどランチ時。
目的地は奈良俣ダムを越えたところにある宝川温泉ですが、その入り口にあるラーメン武尊(ほたか)は絶対に寄りましょう。
まず、若奥さんがタイプ(爆)そしてこのスタミナラーメン(味噌)が絶品!いわゆるパーコーメンですが、こんな山奥でこんな美味いものが食べられるなんて奇跡です。絶品。
そしてそして何よりも超お得アイテムが店内を探すと…それだけでもここは省くことのできないプレシャスプレイスなのです。詳しくは書きませんので是非探し当ててください。探せなかったり、もしかしたら無い場合はあきらめましょう。


さてさて極楽温泉を楽しめる宝川温泉に到着です。車で行かれる方は素直に高速道路で来ましょう。
ご存知かとは思いますがテルマエロマエ2でロケした超有名温泉で混浴となります。
敷地内にはクマもいたり、怪しい古物が転がっていたり、たまに目の前を蛇がはっていることもある自然豊かな場所です。
本来1500円ととてもコストのかかる温泉ですが、800円でなぜか私は入浴できました(ありがとう若奥さん!)

あ、こんなところで写真撮っても大丈夫?と思うかもしれませんが、もうみんな記念とばかりにスマホやカメラを持ち込んで撮りまくっていますので私も(汗)
とにかく外人が多い。ルールも日本人だけの温泉とは違いゆるいものです。
ちゃんと前だけは隠してください、と最初に説明がありますが…
映画そのものですね。この雰囲気だけでも最高のロケーションと相まってここに来る価値があると思います。
12時に入館、2時間浸かって湯アタリギリギリまで我慢をし、子宝の湯の上のテラス?でZzzZzz昼寝でリフレッシュしました。

大気の状態が怪しいかもしれないので3時には帰りの途に就きます。
帰りも峠を降りて行くコースなので楽しめますよ。
途中、水上の新名所と言われるオシャレスポットに寄りました。
前年にもあったのですが、寄りそびれていたので今回はテンションが上がります。
ステキな構えのお店(レストランやカフェ)が3軒ほど並んでいます。

奥水上寄りから、ワインや地元のお酒を扱う【Takizawa】と生ハムやソーセージを手作り販売している【育風堂精肉店】
谷川岳というネットでは販売していない(←最近こういう売り方が多い)日本酒を購入。抜群に美味いです。
生ハムと季節限定のソーセージもおススメ品ということで購入。値段も手ごろでお土産の定番化になりそう。

洋菓子が絶品の【ガルバ】の名物バームクーヘン。
止めどなく上品で次の日の朝食にしました。これも1,000円弱なので絶対に買いでしょう。

上品な手作りチョコレートとくつろげるカフェが自慢の【チョコレート工房 ボサノバ 】のチョコは写真の撮り忘れ。ごめんなさい。ヨーロッパスタイルの小粋なチョコを購入しました。

この全ての店舗でお土産購入で奮発しました。

その後、なんとか無事帰宅。走行距離320km。燃費32km/l。
が、途中ずっと頭が痛いので軽い熱中症にかかったようで、体重計に乗ったら2キロ程痩せていました。
急激に体重が落ちてるのは痩せたのではなく水分量などが減っただけなので、浴びるようにアルコール注入。すぐに元気を取り戻しました(どんだけ飲むんだw)
何度も書きますが、次の日に負を残さないのが、さすらい流儀です。

ということでさすらいのツーリングいかがでしたでしょうか。
全て当日即アップの某SNSの【つぶやき】からの転載ですが、特派員NEWSにまとめて掲載してみました。
写真をわざわざ小さく加工する必要がないし、そのまま載せられるし、修正もできるので便利ですね。

またラテンなスクーターMP3でのさすらいの時は書き込みたいと思います。

旅行記トップへ

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー